bizSPA!フレッシュ

絶妙なスパイス加減が意外と本格派!ファミマの新商品「四川風麻婆豆腐丼」

コラム
麻婆豆腐

※画像はイメージです

 ファミマで気になる商品名を見つけました。「醤が決め手! 四川風麻婆豆腐丼」、これ読めますか?

 多くの人は醤ときたら、「ゆ」。つまり、醤油を思い出すはず。筆者も、これはもしかすると印刷ミスではないかと疑いました。が、醤 読み方で検索をしてみると…。

 醤の読み方には、日本語で「ひしお」、中国語で「チァン」、中華料理の分野では「ジャン」と呼ぶそう。

 そうです、正しくは「ジャンが決め手!四川風麻婆豆腐丼」と読みます。ファミマさんあってますか?

 もしくは「ひしおが決め手! 四川風麻婆豆腐丼」でしょうか。まさか、人の名前が商品名になることはないと思いますが……。

 さて、「ジャンが決め手!」と言われてもなかなか味が思い浮かばないので、早速実食してみましょう。

見た目は普通の麻婆豆腐と変わらない

「醤が決め手! 四川風麻婆豆腐丼」
税込価格:398円

醤が決め手! 四川風麻婆豆腐丼

「醤」って読めました?

 中華料理屋さんで四川風ってよく見かけますが、何を指すのかってあんまり知らないですよね。勘違いだと思いますが、料理の意味や背景を知ると、より一層美味しく感じるかもしれないので、四川風の意味を調べてみました。

 四川料理とは、香辛料を効かせる辛い中華料理のことを指します。特に痺れるような辛さを意味する「麻辣(マーラー)」の味が、特徴だそう。

中身はお米と麻婆の二重構造でした

醤が決め手! 四川風麻婆豆腐丼

四川風ってよく見かけますよね

 封を切ると、中は二層構成です。麻婆豆腐やシチューあるあるで、ご飯にかけてたべるのか、おかずとして白米と別々に食べるのか。商品名に丼とあるので、かけていただきましょう。

いざ、麻婆をお米にかけてみた!

醤が決め手! 四川風麻婆豆腐丼

ご飯にかけてみました

 普通の麻婆豆腐と比べると、辛さの匂いが際立つかも。もちろん、レンチンは必須です。ごはんも、麻婆豆腐もほかほかの状態でいただきましょう。

12