bizSPA!フレッシュ

同じ年収でも「手取り」で得する、本業と副業のスゴい合わせ技

マネー

本業の業績に貢献すれば所得は増えるか

 また、企業の業績と給与の関係を見てみると、企業の利益は約20年間で3倍程度に増加しているものの、給与は逆に合計で10%減少しています

 これは企業のグローバル化が進み、海外で稼ぐ利益割合が増えた結果、グローバル進出するための投資資金の温存や、海外利益を国内の従業員へ還元しづらいという背景があります。

 海外で稼いだ利益を日本へ送金するためには、税務リスクをクリアしなければならず、親会社の従業員への直接還元にはハードルがあるのです。

法人企業統計年報特集

出典:財務総合政策研究所、法人企業統計年報特集(厚生労働省 、勤労統計調)

本業の手取りはどうなっているか

 なかなか本業で稼ぎづらくなっていることは分かりましたが、それでは手取りはどうでしょうか。

 過去15年間の手取り額、可処分所得の計算を簡易的に行った結果、約10~12%程、金額が減少しています。理由として、所得税の計算上、さまざまな控除項目が減ってきていることと、消費税の増税が影響しています。

国税庁HP

出典:国税庁HPを参考に、年収700万で配偶者あり、子ありを前提に弊社にて推計

 つまり、両親世代と同じ金額を稼いだとしても、いまの現役世代の手元に残るお金は10~12%程度少ないこととなります。

ハッシュタグ

おすすめ記事