bizSPA!フレッシュ

Google+だけじゃない、Googleが打ち切ったサービスの数々

ガジェット

 米Googleが10月8日、一般ユーザー向けのソーシャルネットワークサービス(SNS)Google+のサービスを終了すると、公式ブログの中で発表しました。

グーグル

グーグル

 世界最大のSNSであるFacebookの対抗馬として登場したGoogle+ですが、その閉鎖にネットで衝撃が走りました。

Google+が終了するのは、2019年8月末

 サービス終了の理由として同ブログでは、Google+の利用率が低く、ユーザーセッションの90%が5秒未満であると説明。「エンジニアリングチームは長年にわたりGoogle+を構築するために多くの努力と献身を払ってきましたが、消費者や開発者の幅広い採用を達成できなかった」と、その失敗を認めました。

 これまで投稿したデータを移行する方法などは、後日改めて発表するとしており、利用していた人は注視する必要があります。

 ただ、一般ユーザー向けのサービスが終了するというだけで、Google+は、今後は企業向けのソーシャルネットワーキングサービスとして新しい機能が追加されるとのことです。

50万人分のユーザー情報が流出。なぜ今、公表?

情報流出

※画像はイメージです(以下同じ)

 Google+のサービス終了は、同社の「Project Strobe」という、Googleアカウント、Android端末のデータへのサードパーティー開発者のアクセスのレビューの一環として発表されたものです。

 そのなかで、Google+に登録されたプロフィールに不正にアクセスできるバグを2018年3月に把握していたことを公表しました。最大で50万人のユーザーの「氏名」「メールアドレス」「生年月日」「性別」などの非公開情報が流出した可能性があります。

 Googleは、このバグに気付いた開発者も、データが悪用された形跡もないとしていますが、この一件が閉鎖の理由の一端なのでは、との見方が広まっています。

12

ハッシュタグ