舌裏の筋を手術でえぐり、男性器を“花みたい”に…「身体改造」を描く漫画家を直撃 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

舌裏の筋を手術でえぐり、男性器を“花みたい”に…「身体改造」を描く漫画家を直撃

 今や市民権を得つつある「タトゥー」や、舌をヘビのように割る「スプリットタン」など、身体改造を趣味とする人々がいる。漫画家の岬千皓さん@misaki__chihiro)もその1人。

身体改造レシピ

『身体改造レシピ』(ぶんか社)

 月刊電子コミック『comic RiSky』(ぶんか社)で連載中の『身体改造レシピ』では幼少の頃からの半生を振り返りながら、さまざまな身体改造に興味を持つようになった経緯を描いている

 身体改造に惹かれる理由を教えてくれた前回に引き続き、今回は「印象的だった身体改造」や、今後の展望などを語ってもらった。インタビューの最後に、自身の学生時代を振り返る『身体改造レシピ』の第2話も掲載。ぜひ最後まで目を通していただきたい。

【インタビュー前編】⇒岬千皓さんインタビュー前編<舌を割くのは「人生で1番痛かった」身体改造した漫画家が語る、ハマるきっかけ>を読む

【マンガ】⇒『身体改造レシピ』の漫画を最初から読む
【マンガ】⇒『身体改造レシピ』の漫画を第2話から読む

タトゥーのコミュニティーは「優しい」

――タトゥーに関してはファッション的な面で、ひと昔前よりはまだ敷居が下がっている気もしますが、今後タトゥーを増やす予定はありますか。

岬:いまのところはないんですよね。自分の決意や気持ちをタトゥーに託して入れたんですけど、タトゥーが増えるほど、そうした思いが薄れそうな気がして。自分の身体をキャンパスみたいに考えて、アート的にタトゥーを楽しむのも、もちろん全然いいと思いますけど。

――タトゥーを入れて良かったことはありますか?

岬:タトゥーを入れている人は他の人のタトゥーをディスらないし、すごく尊重するんですけど、そういう優しいコミュニティーに自分の居場所ができたのは良かったなと思っています。

舌裏の筋を手術でえぐりとった人が

岬千皓

岬千皓さん

――周りで見聞きして印象的な身体改造などはありますか?

岬:自分が舌の施術をしたからというのもあるんですが、フリーテンションタンという舌裏の筋を手術でえぐりとった人がいて、それは痛そうだなと思いました。

――考えたこともなかったですね。聞いたら野暮かもですが、それは何の意図が?

岬:舌裏の筋が繋がっている部分が減るので舌の可動域を広くなって、舌を口の中で真後ろに畳めるんですよ。なぜそうしたのかは、漫画連載の中で詳しく描写するので、ぜひ読んでみてください。あと、男性器を縦に八等分している人とか。

身体改造レシピ(分冊版) 【第1話】

身体改造レシピ(分冊版) 【第1話】

「スプリットタン」「ピアス」「入れ墨」さまざまな身体改造を繰り返す主人公の人生を、独特の感性とクセになるユニークなタッチの絵で描く実体験の新感覚マンガ!!

おすすめ記事