グループLINEに「ママ」と誤送信!“崖っぷち男子”に舞い降りた奇跡とは | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

グループLINEに「ママ」と誤送信!“崖っぷち男子”に舞い降りた奇跡とは

コラム

 皆さんは、職場の人々と良い人間関係を築けていますか? 組織の中でも縦のつながりが希薄になるなか、なかなか溶け込めずに悩んでいる人も少なくありません

孤立する男性

※画像はイメージです

 今回はそうした境遇にいる男性の大失態エピソードを紹介します。

うまく溶け込めない職場

 お話を聞いたのは、アパレルメーカーの広報課に勤務する陽太さん(仮名・23歳)。第一希望の企業に就職できてやる気に満ち溢れていたものの、周囲とのコミュニケーションが上手く取れないまま仕事をする日々を過ごしていたそうです。

「大学生の頃とかはサークルでもまとめ役をしていたし、自分は結構話したり人と関わったりするのが得意なタイプだと思ってたんですけど……井の中の蛙というやつでしたね。本当は知識量も、行動力も足りなくて、入社してからはずっと周りに圧倒されてる感じでした。そういう劣等感的なものもあって、周りとのコミュニケーションを避けてしまった部分もあるんですよ

 自分の意見なども十分に主張できず、おまけに小さなミスの連発によって自信が日に日に低下していったという陽太さん。

グループLINEに入るチャンス到来

 そんなある日、入社当時にLINEを交換していた同期のAさんから、LINEで飲み会の誘いを受けたという陽太さん。

LINE

※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)

「気を使って無理に誘ってくれたと思うんですけど、実際に参加してみたら最初はあの和気あいあいとした輪にはなかなか入っていけませんでした。でも、お酒も手伝ってか徐々に会話にも入れるようになり、なんと勇気を出してグループLINEにも入れてもらえたんです! 自分でも信じられないくらいあの瞬間は積極的になれました」

 自信をなくしていた陽太さんにとっては精一杯のチャレンジでしたが、人間関係について現状よりわずかに進展があったことに少し達成感を覚えたそうです。久々に気分が晴れやかになった陽太さんは、駅からバスに乗らずに徒歩で帰宅することにしました。まだ9月だというのに鈴虫が鳴いていて、空には満月が顔を出していてとても綺麗だったそうです

12

おすすめ記事