ボールを上げる!ゴルフの最難度ショットで意識すべきコツ/三觜喜一 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ボールを上げる!ゴルフの最難度ショットで意識すべきコツ/三觜喜一

 教える側の経験則や主観で語られてきた既存の指導法とは一線を画す論理的なレッスンで、YouTubeチャンネル登録者数40万人とゴルファーから絶大な人気を誇るティーチングプロの三觜喜一氏。「自身の集大成」と位置付けるゴルフレッスン本『誰も知らなかったゴルフの教科書』が発売された。そんな彼が『週刊SPA!』で1年半に渡って繰り広げてきた“誌上レッスン”をここに公開!

三觜喜一氏(日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級)

三觜喜一氏(日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級)

Lesson57 沈んだライからボールを上げる!最難度ショットで意識すべきコツ

【前回を参照】⇒Lesson56

 さて、今回もアプローチについて深掘りしていきます。前回「アプローチがグンとラクになる思考法」もお伝えしたとおり、ボールが沈んだライでのアプローチが最難度。無理に上げようとせず、転がして寄せるのが最適解だと説明しましたが、これがバンカーなど障害物を避けなければならない場面となると話は別。

 なんとかボールを上げるしかないので、プロでも一か八かのショットを強いられます。それだけ沈んだボールを高く上げるのは難しいのですが、必ず遭遇する状況でもあるので、その打ち方をマスターしておきましょう

 こうしたショットの際、最優先は障害を越すこと。打球の高さが絶対条件ですから、ロフトの大きなSWを使い、フェースを開いて構えます。そのためスタンスはややオープン、手の位置は通常よりやや低くなります。

ボールを上げるためのショットは

誰も知らなかったゴルフの真実

 ボールの位置は少し右足寄り。ボールが浮いたライから上げる場合は、真ん中からやや左寄りに置いてハンドレートに構えることもありますが、深く沈んだライならグリップの真下にボールが来るくらいが適当です。

 当たり前ですが、ボールを上げるためにはフェースをボールの下に入れなければなりません。でも、沈んでいるぶんサクッと入ってはくれないので、フェースを開いたままライへとドーンと落とすように振り下ろします。インパクトでは芝の抵抗が強いのでフィニッシュは意識しなくて構いません。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事