ゴルフのスコアを大きく左右する、アプローチの極意は“状況を読む力”/三觜喜一 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ゴルフのスコアを大きく左右する、アプローチの極意は“状況を読む力”/三觜喜一

 教える側の経験則や主観で語られてきた既存の指導法とは一線を画す論理的なレッスンで、YouTubeチャンネル登録者数40万人とゴルファーから絶大な人気を誇るティーチングプロの三觜喜一氏。「自身の集大成」と位置付けるゴルフレッスン本『誰も知らなかったゴルフの教科書』が発売された。そんな彼が『週刊SPA!』で1年半に渡って繰り広げてきた“誌上レッスン”をここに公開!

三觜喜一氏(日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級)

三觜喜一氏(日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級)

Lesson53 アプローチ上達の第一歩。グリーン周りではまず置かれた状況を確認!

【前回を参照】⇒Lesson52

 アプローチはスコアメイクの肝心要。グリーン周りで2打も3打も打っていては、いつまでたってもスコアは伸びません。今回からはアプローチについてじっくりと解説していきます

 正確なアプローチを身につける上での最大のポイントは、ボールのライや打っていくエリアの状況、ピンポジションなどによって“対応の仕方”が細かく変わること。基本的なクラブの使い方はこれまでと同様ですが、実戦ではそれだけではうまくいかないケースがほとんどだからです。

芝の長さや傾斜角度で寄せ方は変化

誰も知らなかったゴルフの真実

 たとえば、手前にハザード(バンカーや池など)がない状況かつボールが浮いたライなら、何の問題もなくキャリーでグリーンを狙えますよね。

 でも、深く沈んだライだとボールを上げにくいので転がすしかありません。また、砲台グリーンに向かって打ち上げていくエリアの芝の長さはどうか、グリーンが手前から上り傾斜か下り傾斜か……そんな要素によっても寄せ方は大きく変わります。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事