趣味で売れないホストと同棲…“ホス狂い”の知られざる生態を激白 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

趣味で売れないホストと同棲…“ホス狂い”の知られざる生態を激白

 華々しい世界として描かれることが多いホストクラブを、“ホスト狂いの女性”の視点からリアルに描いた実録漫画ルナはホストに夢を見たい~実録ホス狂いライフ~』(ココミルにて連載中)。

ルナはホストに夢を見たい〜実録ホス狂いライフ〜

『ルナはホストに夢を見たい〜実録ホス狂いライフ〜』

 前半の記事では、実際に“ホス狂い中”である作者の夢見ルナさん@yumemiruna)が、社会人1年目の時にホストクラブにハマった経緯や、夜の世界へと身を投じ、波乱に満ちた日々を漫画にしようと思い立ったところまでを紹介した。

 後半の記事では、漫画の創作方法をはじめ、作品にふさわしいエピソードの選び方や、今後の展開についても語っていただいた。また、漫画から読者の反響が大きかったものも紹介する。ぜひ最後まで目を通していただきたい。

【インタビュー前半】⇒「風俗をやる女の子も増えた」“ホス狂い漫画”作者が明かす、歌舞伎町の現在

主人公のモデルは…

──物語の主人公である夢見ルナは、やはりご自身がモデルなのですか?

夢見ルナ(以下、ルナ):そうでもないんですよ(笑)。各話のエピソードは、私の実体験がベースになっていますが、主人公のキャラクターは100%私じゃないですね。

──では、いかにも“ホス狂い”っぽいキャラクターを作り上げていった?

ルナ:というよりも、歌舞伎町には色々なタイプの女の子がいるんですよ。キャバ嬢っぽい子もいれば、ぴえん系もいれば、ギャル系もいる。そんな歌舞伎町の中で、よりリアルに感じられる女の子って、どんな感じだろうって。ひとつずつ、イメージを形にしていきました。作画の部分でも、1点ずつイメージしながら「こんな服がいいかな?」「髪型はこういう感じ」とか考えながら、作り上げていきました。

“趣味”で同棲していた?

ルナはホストに夢を見たい~実録ホス狂いライフ~

歌舞伎町にいそうな女の子を作り上げていった

──想像の世界ではなくて、本当に歌舞伎町にいそうな女の子を追求されていったのですね。そういうリアリティは、エピソードを描くときにも大切にされているように思います。

ルナ:そうですね。例えば、この間、売れないホストのエピソードを描いたんですよ。これも、ほとんど実話で。最近まで、趣味として売れないホストと同棲していたんですけど……。

ハッシュタグ

おすすめ記事