「風俗をやる女の子も増えた」“ホス狂い漫画”作者が明かす、歌舞伎町の現在 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「風俗をやる女の子も増えた」“ホス狂い漫画”作者が明かす、歌舞伎町の現在

 どっぷりハマったホストクラブでのエピソードや、ホストに入れ込む女性の本音を赤裸々に描いた実録漫画ルナはホストに夢を見たい~実録ホス狂いライフ~』(ココミルにて連載中)が、SNSを中心に話題を呼んでいる。

ルナはホストに夢を見たい〜実録ホス狂いライフ〜

『ルナはホストに夢を見たい〜実録ホス狂いライフ〜』

 これまで、なかなか描かれる機会が少なかった、ホストクラブのために風俗嬢として働く女性の心情に焦点を当て、切実かつユーモラスに描いたこの作品は、女性のみならず、現役ホストからも絶大な支持を得ているという。

 そこで今回は、自らの実体験をもとにした作者の夢見ルナさん@yumemiruna)にインタビューを敢行。前編となるこの記事では、実際に“ホス狂い”中という夢見さんが、どのようなきっかけでホストにハマり、創作活動に励むようになったのか、その経緯についてお話を聞いた。

 また、インタビューと共に、『ルナはホストに夢を見たい~実録ホス狂いライフ~』も一挙掲載する。ぜひ最後まで目を通していただきたい。

座るだけで2万円、缶ビールが2本3000円

──夢見ルナさんは、今もホストの世界にどっぷりとハマっているそうですね。どれくらいの頻度で通われているのですか?

夢見ルナ(以下、ルナ):今は、週に2~3回ぐらいです。本当はもう少し行く頻度を増やしたいんですけど……どうしてもお金が掛かってしまうので。

──私は、ホストクラブについてあまり詳しくないのですが、おおよそ1回通うのに、どれくらいの費用が掛かるものなのですか?

ルナ:うーん……。例えば、フリータイムだと座るだけで2万円かな。あと、缶ビールが2本3000円なので、ホストの人たちと一緒に飲むと、秒速でなくなりますよね(笑)。あと、シャンパンを開けると、8万~10万円だから、ざっとそれぐらい費用は掛かります。

社会人1年目からホストの世界へ

ルナはホストに夢を見たい~実録ホス狂いライフ~

社会人になってすぐのタイミングでハマってしまったという

──1~2時間遊ぶだけでも、恐ろしい金額になりそうですね(笑)。ルナさんは、もともとそういう世界に興味を持っていたのですか?

ルナ:いえいえ、あんまり知らなくて。特に、新宿の歌舞伎町は、大学生の頃に飲みに行く場所というイメージで。別世界っていう印象でした。きっかけは、社会人1年目のときに、友人に誘われてついて行ったのがはじまりです。

──社会人1年目でホストクラブ!? よくお金に余裕がありましたね。

ルナ:実は、大学生の頃に風俗店で仕事をしていたので、ある程度、お金には余裕がありました。社会人になってまだ、1~2か月目ぐらいだったので。

ハッシュタグ

おすすめ記事