誤解だらけの“大麻解禁”、バンコクから現地ルポ「買いに来るのは普通の方々」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

誤解だらけの“大麻解禁”、バンコクから現地ルポ「買いに来るのは普通の方々」

 日本でもすでに報道されているように、タイで2022年6月9日から大麻が「解禁」になりました。しかし、実際、何が合法で何が違法なのか情報が錯綜しています。日本でも大麻解禁についての議論がたびたび起こるなか、今回、大麻関連のショップ2店で話を聞き、その実態に迫ってみました。

タイ大麻

バンコクの大麻ショップで販売されている製品

日本人小道に大麻販売店出現!

 バンコク中心部を東西に走るスクンビット通り。そのソイ(小道)33/1は周辺に駐在日本人と家族の方々が多く住んでいて、日本食スーパーを中心に日本食レストラン、日本語古書店などが立ち並び、地元の人から「日本人小道」と呼ばれています。

タイ大麻

駐在員やその家族が買い物に訪れる通り

 そこに7月オープンしたのが「ブッダズ・クッシュ・ストリート」。店内に入ると、大麻吸引用のパイプに並んで、各種大麻が入ったガラス瓶が鎮座していました。その上にはメニュー表があり、ストレイン(株)ごとの名前、THC(酩酊感をもたらす成分)の含有パーセント、値段が書かれています。

タイ大麻

販売している大麻のお試し用も置かれている

 お値段を見てみると、高い物は1グラム800バーツ(約3000円。以下、レートは取材時)、安い物は1グラム150バーツ(約570円)となっていました。ずいぶん価格差がありますね~。

“大麻のコンシェルジュ”に話を聞いた

「どんな種類をお望みですか?」と言うのはスタッフのカラムさん。顧客のニーズに応じてお薦めの種類をアドバイスもしてくれるそうです。大麻のコンシェルジュといったところでしょうか。

タイ大麻

スタッフのカラムさん。タイ語英語のバイリンガルで対応

 取材なのですが、お話を聞いても宜しいでしょうか? どんな人が買いに来られるんでしょうか?

「普通の方々ですよ。仕事で集中するためとか、単純にトリップしてリラックスしたいとか

おすすめ記事