仕事中の迷惑電話を撃退!悪質業者が諦める「鉄板のキラーフレーズ」とは | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

仕事中の迷惑電話を撃退!悪質業者が諦める「鉄板のキラーフレーズ」とは

キャリア

 社会人になったばかりのころの最初の関門といえば、電話対応ではないでしょうか。メールやチャットツールと違い、受話器を取るまで「どんな用件か」「相手は誰か」「緊急性があるのか」などがわからないため、電話に恐怖心を抱く「固定電話恐怖症」の人も増えているようです

電話

画像はイメージです(以下同じ)

 電話相手が大事な取引先ならともかく、仕事をジャマする迷惑な営業電話の場合は、冷静かつ的確な対応が求められます。そこで今回の記事では、迷惑電話対策サービスを提供するトビラシステムズ株式会社で広報を務める岩渕るみさんが、いますぐできる撃退法を紹介してくれます(以下、岩渕さん寄稿)。

迷惑な営業電話にうんざり…

 業務中にかかってくる迷惑な営業電話にうんざりする人の声は、SNSにも多く上がっています。断っても懲りずにかけてきて、終わらない電話対応。しかも逆ギレまでされたら堪ったものではありません。電話に慣れていない新人時代に、誤って上司に取り次いでしまったり、社内の情報を教えてしまったりして、ヒヤリとしたことがある人もいるのでは……

 迷惑な営業電話に悩む企業担当者からはこんな声も上がっています。

「電話のたびに業務の邪魔をされるのはストレスになります。本当はキッパリと断りたいけど、業種的に将来的な顧客になる可能性もあるので、無下に扱うことができず対応せざるを得ないこともあります

病院にも迷惑な営業電話が増えている

詐欺 電話

 また、お金を持っている医師は悪質営業のターゲットにされやすく、病院にも迷惑な営業電話が増えているそうです。他院の医師を装い、医師につなぐよう事務員に指示し、最終的に高額商材、証券、土地などの営業をするんだとか。病院側の都合をお構いなしにかけてくるので、電話対応のために診療を中断するなんてことも。

 こういった迷惑な営業電話には、一体どのように対応するのが得策か。すぐに取り入れられる対策から、テクノロジーを活用した対応まで、対処手法を紹介していきます。

おすすめ記事