bizSPA!フレッシュ

「LINEで恋愛告白やプロポーズ」はアリ? ナシ?

 LINEなどを含むSNSで告白やプロポーズをするケースが、若い人の間で増えているようです。

スマホ

※画像はイメージです

 ブライダルジュエリー専門店の銀座ダイヤモンドシライシは2018年7月に、20歳~39歳の既婚・未婚の男女500名を対象に、インターネットによる『恋愛・結婚に関する意識調査』を実施しました。

LINEで幻滅する内容、1位は「返信が冷たい」

Q.あなたは、恋人や気になる人とのLINEでのやり取りで幻滅したことはありますか。
(SA/N=LINEを利用したことのある男女339名)

line

提供:「恋愛・結婚に関する意識調査」(ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ)

line

(単一回答、n=男性163・女性176名) 提供:「恋愛・結婚に関する意識調査」(ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ)

 既婚・未婚の男女399名に対し、「恋人や気になる人とのLINEでのやりとりで、幻滅したことがあるか」について調査すると、約3割の人が「幻滅した経験がある」と回答しました。

 また男女で比較すると、20代女性が全体での割合をやや上回りました。女性のほうが男性のLINEの内容を気にする傾向にあるようです。

Q.あなたが幻滅すると思う、恋人や気になる人とのLINEのやりとりは何ですか。
(MA/N=LINEで幻滅した経験のある男性163名、女性176名)

line

提供:「恋愛・結婚に関する意識調査」(ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ)

 幻滅すると思うLINEのやり取りの内容については、男女ともにもっとも多かったのは「返信が冷たい」でした。

 年代別に見ると、20代では「今何しているか聞いてくる」(25.0%)が3位に入っていたことから、常に行動を把握しようとするメッセージは幻滅される可能性が高いことが分かります。

「いつでも連絡が取れるから」「恋人だから」といって、相手のプライベートな時間にまで踏み込むことは避けたほうがよいでしょう。

4人に1人がLINEで告白した経験有り

Q.あなたは、LINEで告白したことがありますか。
(SA/N=LINEを利用したことのある男性117名、女性85名)

line

提供:「恋愛・結婚に関する意識調査」(ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ)

 既婚・未婚の男女202名に対し、LINEで告白した経験の有無を調査したところ、「LINEで告白したことがある」(27.7%)という結果になりました。

「ある」と回答した人の年代別の内訳は、20代が69.5%と、約7割を占めました。SNSで告白されることが当たり前の時代になっているのかもしれません。

Q.あなたがLINEで告白したのはなぜですか。
(MA/N=LINEで告白したことのある男女56名)

line

提供:「恋愛・結婚に関する意識調査」(ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ)

Q.あなたがLINEでプロポーズしたのはなぜですか。
(MA/N=LINEでプロポーズしたことのある男女25名)

line

提供:「恋愛・結婚に関する意識調査」(ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ)

 LINEで告白やプロポーズをした経験のある人にその理由を調査したところ、もっとも多かった回答は男女ともに「会話の流れで伝えることになってしまった」でした。

 LINEではなく直接告白やプロポーズをされたいのであれば、メッセージ上でそういった流れを作らないように注意した方がよさそうですね。

 また、LINEでプロポーズをした理由の3位には「文章として後に残るから」(36.0%)が入り、SNSならではの理由が挙がりました。