島崎遥香が語る、素敵だと思う先輩「女優さんですけど、今でもみんなのアイドル」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

島崎遥香が語る、素敵だと思う先輩「女優さんですけど、今でもみんなのアイドル」

 2009年から活動を開始し、2016年にそれまで所属していたアイドルグループAKB48を卒業後も、連続テレビ小説『ひよっこ』、映画『ニセコイ』『翔んで埼玉』などで演技を重ね、着実にお芝居のキャリアを重ねている島崎遥香さん(28)

島崎遥香

島崎遥香さん

【画像をすべて見る】⇒「次へ>」をタップすると次の画像が見られます

 東京から瀬戸内に浮かぶ島にやってきた少女・凪の心の成長を描いた映画『凪の島』では、凪の通う小学校の心優しい先生を好演しています。

 そんな島崎さんに、本作から受け取って欲しいメッセージを聞きました。また、「本当に自分がやりたいことは何なのか、今後どうしていきたいのか」を「今も考えて駆け出している最中」と明かす島崎さんが、「職業“ぱるる”」と断言できる笑顔を見せてくれました。

「自分には島の先生なんて無理(苦笑)」

――島崎さんと同じく埼玉出身で、山口の島に赴任した小学校教師の瑞樹先生役でした。瑞樹の人生を「挑戦的でかっこいい」とコメントされてましたね。

島崎遥香(以下、島崎):私には島の先生なんて、絶対に無理です(苦笑)。いろんな学年の子をひとりで見てますし、すごく大変だと思います。地元の学校ではなくて、わざわざ島の学校に行って就職するということが、私には想像ができなかったのですが、かなりの決意だと思いますし、いろいろあったんだろうなと考えました。

島のおばあちゃんからトマトを

凪の島

(C) 2022『凪の島』製作委員会

――島での思い出があれば教えてください。

島崎:海沿いで撮影していたときに、道沿いに自分で育てたお野菜を売ってるおばあちゃんがいたんです。その方からトマトをいただいて。そういうことって埼玉でもなかったし、東京ではもちろんないし。だって売り物なんですよ。そもそもの値段もすごく安かったんですけど、タダでくださったんです。ほっこりしました。薬品を使っていないナチュラルな味がしました。すごく美味しかったです。

――海と山なら島崎さんはどちらが好きですか?

島崎:どちらも得意ではないです(笑)。しいて選ぶなら海かな。泳げないんですけど。海の思い出というと、真夏のMV撮影が真っ先に浮かびますけど、眺めるだけなら海はいいかなと思います。山は標高が高くなると息苦しくなるので。富士山には登ってみたいなと思ったりしますが、子どもの頃に高尾山に行きたいと自分から言い出して、でも結局途中で戻ってきちゃいましたし、無理かなぁ(苦笑)。

おすすめ記事