bizSPA!フレッシュ

中年オジサマ・オバサマの心をつかむ!ハズさない手土産10選

八天堂

あなたにピッタリのスイーツはどれ?(提供/筆者)

 公私において、ずいぶん年上のオジサマ・オバサマに手土産を渡す機会ってありますよね。

 そのときに悩むのが、「何を買ったら良いのか?」という問題。世代が違えば喜ぶツボも違ったりして、失敗してしまったというエピソードもよく聞く話です。

 そこで、今回はグルメ専門家でありアラフォーの私、スギアカツキが太鼓判を押す「ご年配の心をガッチリつかむ! おいしいグルメ手土産10選」を5つのキーワードに分けてご紹介してみたいと思います。

1.不二家「プレミアムショートケーキ」

不二家ケーキ

真っ先にオススメしたい、不二家のプレミアムショートケーキ(提供/筆者)

 まずは「かわいくて懐かしい!」をキーワードにオススメを2品紹介します。

 真っ先にオススメしたいのは、中年の心をわしづかみにする不二家のイチゴの「プレミアムショートケーキ」。

 幼少期のお祝いで食べた懐かしい記憶と、変わらない王道感が、オジ様の心をガッチリつかみます。

 こじゃれたパティスリーのものだとかえって逆効果なので、要注意! 不二家にはイチゴ系の商品が大充実しているので、いろいろと組み合わせるのがオススメです。

2.八天堂「くりーむパン」

八天堂

カスタードに純生クリームを合わせたプレーンのほかに、抹茶、小倉、チョコレートなどがある

 駅ナカのパン屋として人気の「八天堂」。看板商品「くりーむパン」は、“究極のやさしさ”を追求して開発されたそうで、他にはない柔らかな食感と、冷やして食べるプレミアム感は、万人の心を温かくほぐすパワーを秘めています。

 1個250円前後という手頃感も、気負っていない感じで◎。

3.虎屋「羊羹(ようかん)」

 続いて紹介するのは「間違いのない老舗」というキーワードで選びたい2品です。かしこまったシーンや丁寧さをしっかり伝えたいなら、迷わず「虎屋」が無難でしょう。

 年配世代が圧倒的な信頼感を抱く超老舗和菓子屋で、選ぶべきはやっぱり「羊羹」。

 最近では食べやすさを重視した「一口サイズ」もありますが、羊羹好きなら“厚切り”だそうで、少々値ははりますが大きな“竹皮包タイプ”が理想です。

4.千疋屋「自家製くりぬきゼリー」

千疋屋

「自家製くりぬきゼリー」 税込価格:5832円(※画像は千疋屋サイトより)

 虎屋と並ぶ鉄板ブランドの「千疋屋」で選ぶべきは、涼を演出できる「こだわりフルーツゼリー」。

 これ、グレープフルーツやオレンジの果肉をくり抜いて作られる、とっても手がかかった水菓子なんです。

 こってり甘いスイーツではなく、みずみずしいヘルシー感は女性ウケも良し、ここぞという時に活用したい逸品です。