衣服代は「ブランド古着を購入」で節約すべし。ダサくない選び方とは | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

衣服代は「ブランド古着を購入」で節約すべし。ダサくない選び方とは

マネー

 止まらない物価上昇で家計の見直しは必須。しかし、節約で生活水準を下げ、せせこましく生きるのはシンドイ……。そこで、節約しながら日々の生活を豊かにするコツを賢人たちが伝授!

メルカリ 出品

安く古着を購入するならメルカリ

 今回は、ファイナンシャルプランナーの野村蘭氏ファッションアナリストの山田耕史氏@yamada0221)に“ケチらず賢く”衣服費を節約するワザを教えてもらった。

衣服費を半分に。ブランド古着でオシャレ格上げ

 買い替えも多く、地味に負担となる衣服費だが、ファイナンシャルプランナーの野村蘭氏は、安いファストファッションの購入は禁物と語る。

「ファストファッションは、素材が悪いものも多くすぐヨレヨレ。結局、書い直してコスト高に。節約を意識するなら古着、それもあえて“ブランド”の古着をオススメします。丈夫で長持ちする素材で、新品の半額以下で買えることもあるのに、安っぽく見えません。なにより、ブランドものを身につけているという高揚感が得られます」

ワンピース

野村さんのワードローブ一式。飽きないシンプルなものが多い。

 野村さんのワードローブ一式。飽きないシンプルなものが多い。「一点物の古着の出合いは、平坦な日常に潤いを与えてくれます」と語る。アーバンリサーチの綿100%のワンピースは定価1万円ほどだが、古着屋だと1600円!

ブランド物は高値で売れやすい

 野村家では、一人当たりワンシーズン1万円だった衣服費が5000円となった。

「また、知名度のあるブランドは、売りに出したときに高値がつきやすいのもメリット。買い取り価格が厳しめになりがちな古着屋よりも、メルカリのほうが実勢価格に近い値段で販売できます

服

※画像はイメージです

12
結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式

結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式

お金も、気合も、時間もかけずに、論理的にオシャレのセンスを磨く!5万人のストリートスナップを分析した著者がだした、男服の答え

おすすめ記事