確信犯で仮病を使うアルバイト。店長がクビを伝えたら返信にあ然! | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

確信犯で仮病を使うアルバイト。店長がクビを伝えたら返信にあ然!

コラム

 世の中には勤勉な人もいれば、そうでない人もいます。また、そうでない人の中には、やたらと悪知恵を働かせる人もいるようです。

めんどくさがる女性

※画像はイメージです

 今回お話を聞いたのは、書店で店長をしている健人さん(仮名・28歳)。健人さんの店には最近S美さんというアルバイトの大学生がやってきたそうです。ただ、必ずしも歓迎されるべきスタッフではなかったようです。

やる気のないバイト店員と押しの弱い店長

 やる気のなさそうな雰囲気は、そのまま勤務態度にも現れていて、自ら率先して仕事を見つけようともせず、店長が指示してもダラダラと作業を行うような、とてもハズレなアルバイトだったそうです

 店長の健人さんは、どちらかというと温和な性格で、客からの評判はよいものの今ひとつ押しが弱いタイプ。ボーッとしているS美さんを見かけるたびに注意喚起はしますが、そのキャラから、どこかナメられているような感さえあるようです。

実は、S美さんは知り合いであるKの親戚で、Kからの紹介で来たんですよね。Kは僕が前職時代の出版社で働いていた時の同僚で今も交流がある飲み友達というのもあって、S美さんにあまりキツく言えないんです」

度重なるアルバイトからの誤送信

 そんなある日、健人さんはアルバイトのシフト調整のため、S美さんにLINEで連絡を入れたそうです。すると、いつもは返信の遅いS美さんから珍しく即刻返事が返ってきました。しかし、その内容は「なんか最近しんどいかも」といった体調不良をほのめかすものだったのだそうです

 心配になった健人さんが状況をうかがうメッセージを送信したところ、その数分後S美さんから来たのは「友達に送るLINEを誤送信してしまった」といった旨の返信でした。

LINE

※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)

「それ以来、S美さんの体調が気になってしまって、やる気のない仕事ぶりを見ても『体調不良かな』と思ってしまい注意しづらくなったんですよね……」

 とはいうものの、1人ではお店を切り盛りするのは厳しく、1時間の残業の打診を後日LINEで送ったところ今度は珍しく「承知した」という返信が来たそうです。しかし安心したのも束の間、すぐその後に「ゴメン! 時間なくて無理」というメッセージが。

おすすめ記事