bizSPA!フレッシュ

iPhone画面を「強く押すとできる」便利な機能ベスト5

ガジェット

感圧タッチ便利機能⑤ 懐中電灯の明るさ調整

light

 iPhoneの懐中電灯機能は、暗い車内や停電時などに活躍する便利な機能ですが、明るさを調整できることをご存知でしょうか。

 iPhoneのホーム画面で画面下を上へスワイプし、コントロールセンターを出しましょう。懐中電灯アイコンを長押ししてみてください。すると画像のような明るさ調整の画面が出現します。

 明るさは4段階で調整が可能です。デフォルトでの点灯は1段階目(一番弱い)なので、最大にするとかなり明るく利用することができますよ。

感圧タッチの感度設定をしよう

 感圧タッチは、設定で反応する押し込みの強さを調整することができます。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「3D Touch」を選択。

 通常は「中」ですが、「弱い」と「強い」の3段階で設定できます。テストもできるので好みに合わせて使いやすい感度に設定しておきましょう。

 この感圧タッチ、慣れるとかなりサクサクとiPhoneを利用することができて便利なので、ここで紹介したものから利用してみるといいかもしれません。
 
<TEXT/尾身宗一郎>

フリーライター。大学院を卒業後、大手メディア会社にてメディア運営やアドネットワーク運用などを担当。趣味は車。個人ブログ「bluexlab」を運営。