業界注目の女優・河合優実「笑い方がわからなくなった」役づくりの難しさ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

業界注目の女優・河合優実「笑い方がわからなくなった」役づくりの難しさ

 俳優の田中圭さんが、女子高生に殺されたいとの願いを叶えるために、9年をかけた完全犯罪計画を進めていく高校教師・東山春人を演じて、評判を呼んでいる映画『女子高生に殺されたい』。『ライチ☆光クラブ』や『帝一の國』などで知られる古屋兎丸さんの漫画をベースにした本作には、魅力的な女子高校生たちが多く登場します。

河合優実

河合優実さん

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 そのなかのひとりで、不思議な力を持つ少女・あおいを演じている河合優実さん(21)にインタビュー。2019年にデビューした河合さんは、まだキャリア数年ながら立て続けに話題作に出演し、今後も公開作が控えます。そんな河合さんに、本作撮影裏のエピソードや、俳優業への思いを聞きました。

オーディションで役を獲得

女子高生に殺されたい

『女子高生に殺されたい』 (C) 2022日活

――『愛なのに』に続いての城定秀夫監督とのお仕事ですが、オーディションだったとか。

河合優実(以下、河合):『愛なのに』への出演がオーディションで決まって、撮影にはまだ入っていないタイミングでした。そのときにまた城定監督のオーディションがあると聞きました。「自分が監督だったら、もう河合は使わないけど……」と思ったのですが(苦笑)。

 オーディションの前に原作を読んでみたら、あおいがすごく面白そうなキャラクターでしたし、自分が演じているビジョンも見えたので、とにかくオーディションでのお芝居を楽しみに行って、ダメだったら仕方ないと思っていました。

原作のあおいを再現

女子高生に殺されたい

(C) 2022日活

――原作のお話が出ましたが、映画は脚色されていますが、漫画原作ものですね。

河合:原作のあるキャラクターを、私はあまり演じたことがありませんでした。監督から「寄せてください」といった指示はなかったのですが、原作のあおいを再現するつもりでやりました。背格好はもともと似てると思いましたけど、姿勢やしゃべり方、目線の感じなどを、あおいが映っているコマを見て参考にしていきました。

――漫画の実写化作品は、挑戦していきたいジャンルですか?

河合:日本の漫画にすごく面白いものが多いのは間違いないので、それをちゃんと面白くできるのであれば、挑戦したいです。難しいと思いますけど、今回もチャレンジとして楽しい作業でした。

おすすめ記事