平均年収433万円の日本では「転職が当たり前」に。年収アップの“近道”にも | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

平均年収433万円の日本では「転職が当たり前」に。年収アップの“近道”にも

キャリア

 国税庁が発表した実態調査によると令和2年度(2020年分)の平均年収は433万円でした。この数字は1990年代と比較するとほぼ横ばいです。物価や保険料・税金が上昇している中で給与がほぼ横ばいとは、将来を不安に感じたり、希望が持てない、という人も多いのではないでしょうか。

ビジネス グラフ

※画像はイメージです(以下同じ)

 日本ではもう頑張っても年収を上げることはできないのでしょうか? 筆者が運営する転職サポートの「wami career」には「年収を上げたい!」というビジネスマンからのご相談が絶えません。

年収が上がる人とは

 これまでの記事でもご紹介していますが、年収を上げ、転職に成功した求職者はたくさんいます。

 年収を上げたいならば、年収が高い環境に行くことが原則です。事実、業界を変えるだけで年収がグンと上がるケースは少なくありません。例えば、秘書、アシスタント、エグゼクティブアシスタントなどの職種は、ある業界では年収300万~400万円台でも別の業界では500万円~600万円台、800万円以上という人もいます。

 キャリアメンターの筆者のもとに来た日系建材メーカーで役員秘書をしていた30代Aさんも、昨年日系IT企業に転職し、年収が400万円から560万円に上がりました。仕事内容はほとんど変わりません。職種を変えず業界をを変えただけで年収が上がったのです。これは、大手転職サービス「indeed」が算出した全国の秘書の平均年収447万円をはるかに上回る金額です。

Aさんは運が良かったのか?

秘書

 こんな話をすると「Aさんは能力があったから」とか「運が良かったから」と思うかもしれません。確かにそれもありますが、確実に言えることは年収が高い企業が欲しい人材だったということです。実績があったということがポイントです。

 実績を作ることでスキルが身に付きます。実績を作ることは能動的に仕事をすることですから、仕事に対する姿勢も評価されるのです。結果、年収が高い企業から求められる人材になるのです。

おすすめ記事