わざと“急所”を狙われイラッ…キックボクシングのジムで大揉めした男性の嘆き | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

わざと“急所”を狙われイラッ…キックボクシングのジムで大揉めした男性の嘆き

コラム

 フィットネス目的で格闘技系のジムに通う人も多いのではないでしょうか。とはいえ、相手に怪我をさせてしまうリスクがあるわけですから、趣味とはいえ気が抜けないですよね。

ケガ 松葉杖

画像はイメージです(以下同じ)

 不動産の営業職をしている田丸周平さん(仮名・27歳)もキックボクシングを始めたうちの1人。始めのうちはストレス発散の強い味方になっていたとのことですが、のちに面倒な出来事に巻き込まれてしまい……。

パワハラに打ち勝つために始めた

「うちの会社は体質が古くて、体育会系のパワハラ上司が多いんです。へこんだり、ストレスをため込んでしまうことも多かったので、思い切って格闘技を始めてみようかなと。『いざとなったらぶっ飛ばせる』っていうメンタルになれば少しは変わるかなと思って(笑)

 田丸さんは、以前からやってみたいと思っていたキックボクシングのジムに通うことに。始めてみると、想像以上に面白かったといいます。

サンドバックを叩いてるだけですごく気分がアガって、面白かったです。想像以上にキツくて、ミット打ちしたらすぐに息が上がってしまうほど。ならば体力を底上げしてやろうと、ランニングを始めたりして、どんどんのめり込んでいきました」

ついに試合に出ることを決意

ボクシングジム

 次第にただ練習しているだけでは満足できなくなり、試合に出てみたいと思うようになったそうです。

「どうせやるなら、ちゃんと強くなったという実感がほしくなったんです。それで、アマチュアの試合に出てみることにしました。普通に通っている時はコーチの人たちも優しいんですが、試合に出るとなると指導も厳しくなりました」

 体重により階級も分かれているため、減量も始めた田丸さん。順調に練習を進めていたそうですが、思わぬところで障壁が現れます。

「練習していると、練習生のAとたびたび衝突するようになったんです。自分より2つ年下でしたが、なぜか自分のことをやたらと見下してくるんです。スパーリングの前後でも全然挨拶もしないし、ミット打ちをやっても『弱えよ! もっと強く打てよ!』とか厳しいコーチみたいにやたら煽ってくるんです

おすすめ記事