「生活は苦しいけど」27歳米国人がモデルと芸人の両立を続けるワケ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「生活は苦しいけど」27歳米国人がモデルと芸人の両立を続けるワケ

 高校の卒業旅行にアメリカから来日し、モデルとしてスカウトされたギャビンさん(27・@macaroni_gavin)。モデルとして雑誌をはじめ、海外の高級ブランドや日本の有名ブランドなどでも数多く活躍し、順調な生活を送っていました。

ギャビン

まかろにステーション・ギャビンさん

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 しかし、明治大学在学中に知り合った相方とお笑いコンビ「まかろにステーション」を組み、2018年4月から芸人活動をはじめたことでモデルの仕事は激減。「生活が困窮することもある」と言います。そんな若手芸人ならではの苦労話とともに、それでも芸人として頑張る理由などについて詳しく話を聞きました。

モデルとしての不自由ない暮らし

――ギャビンさんが日本で住むことになったキッカケを教えてください。

ギャビン:高校の卒業旅行で来日したときにモデルとしてスカウトされ、こんなチャンスは二度とないと思い、モデル業に挑戦。意外と生活できたので、そのまま日本で住むことになりました。モデルの頃にはお金を貯め、明治大学で学生も経験しています。

――卒業旅行でスカウト? しかも、モデルだけで生活できたなんてスゴイですね! 高級ブランドでもモデルをしていたとか。

ギャビン:海外の高級ブランドだとグッチやエルメス、サンローレンなど。日本のブランドだとユニクロやGUなどがあります。

生活が困窮しても芸人活動を続けるワケ

ギャビン

――有名なブランドばかり! でも、芸人活動をはじめたことやバラエティに出たことで仕事が減ったとか?

ギャビン:芸人になった直後にトップブランドの仕事はなくなりました。外国人のモデルは、存在をあまり感じない方が理想的なようです。芸人活動をはじめたときもモデルの仕事が減って、バラエティに出て芸人色が濃くなってさらにモデルの仕事が減りました。生活も厳しく、カップ麺や具なしのパスタが続くこともあります。

――モデルの仕事が減って生活が苦しくなり、芸人を辞めようと思ったことは?

ギャビン:生活はめちゃくちゃ厳しくなりましたが、芸人を辞めようと思ったことはまだないです。

おすすめ記事