車、鍾乳石…なんでもある“超巨大スーパー”。20歳店長に聞く、驚きの品ぞろえ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

車、鍾乳石…なんでもある“超巨大スーパー”。20歳店長に聞く、驚きの品ぞろえ

ビジネス

 人口2万人あまりの小さな町、鹿児島県阿久根市。ここに「A-Zあくね」という東京ドーム約3.6個分もの敷地をもつ、日本有数の品ぞろえを誇るスーパーマーケットがあることをご存じだろうか。

A-Zあくね

365日24時間営業を行っており、まさに地域住民の生活に不可欠な存在だ

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 その広大な店をまとめているのが、弱冠20歳だというから驚きだ。一体、どんな人物が仕切っているのだろうか。店長である田村修野(しゅうや)さんの素顔に迫りたい

40万アイテム以上を取り揃える

――全国でも有数の巨大なスーパーマーケットですが、創業当時からこんなに大きかったんですか?

田村修野さん(以下、田村):運営会社のマキオホームセンター自体は1981年の創業ですが、最初は普通の規模のホームセンターでした。1997年にスーパーマーケットになる時に今の大きさになったと聞いています。

――商品数はどのくらいあるのでしょうか?

田村:現在は品目数で40万アイテム以上を揃えています。この間調べたら、ここ1年で新規登録した商品が4万点ありました。入れ替えや廃盤になる商品もあるので、それが純粋に増えるわけではありませんですが、年間で1~2万点ずつ増えていってますね。

「ひとつの店で全て揃う」がモットー

A-Zあくね

醤油だけで100種類以上の品ぞろえ

――なぜそこまで商品を増やしているんですか?

田村:「ひとつの店で全て揃う」がモットーで、店名も「AからZまで全て揃う」という意味を込めてつけられています。その背景には牧尾英二代表の「お客様の要望に全て応える」という思いがあります。

――高齢者の多い地域で、例えばインターネットを使って要望を聞くのは難しいと思いますが、どのようにお客さんの要望を聞いているのですか?

田村:「1秒でも長く売り場にいて、お客様の声を聞け」と教わってきましたので、お客様と直接たくさん話して要望を聞いています。お客様と友達のようになっている従業員もたくさんいるので、要望が言いやすいみたいですね。

おすすめ記事