映画『SLAM DUNK』が社会現象に!“必見ポイント”をバスケ解説者に聞く | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

映画『SLAM DUNK』が社会現象に!“必見ポイント”をバスケ解説者に聞く

 2022年12月3日に公開され、6週連続で映画ランキングの1位(興行通信社調べ)を獲得したのが映画『THE FIRST SLAM DUNK』だ。多くの映画評論家や、原作ファンがその感想や批評を発信しているが、バスケットボールの解説者視点ではどう見えるのか。

スラダン

(C) I.T.PLANNING,INC. (C) 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

 2022年に著書『NBAバスケ超分析 語りたくなる50の新常識』を上梓し、自身もバスケ選手として活躍し、現在はNBAやB.LEAGUEの解説を務める佐々木クリス氏@chrisnewtokyo)に聞いた。

アニメ版は親しみがなかったが…

──映画『THE FIRST SLAM DUNK』、率直に、どうでしたか?

佐々木クリス(以下、クリス):何度も見たくなるほどの内容で、本当に感動しました。

──もともと、原作漫画はお好きでしたか?

クリス:冬はNBAを見て、オフシーズンになったら『SLAM DUNK』と(同じ井上雄彦作の)『バガボンド』を読み返すのが、毎年の儀式です(笑)。

──テレビアニメ版は観ていましたか?

クリス:漫画にあったスピード感やリアルさが失われていたので、あまり親しみがありませんでした。

揚げ足をとることすらできない完成度

佐々木クリス

佐々木クリス氏

──その点、今回の映画ではどうでした?

クリス:とてもリアルでしたね。ユニフォームの浮き方などは、バスケ経験者でなくても、実際の試合を見たことがある方なら伝わると思います。

──バスケ経験者、そして解説者としての視点ではどうですか?

クリス:例えば宮城がドリブルでディフェンスを抜き去るシーンでは、関節の角度や筋肉の動きまでリアルに描かれていました。少しでもおかしければ違和感を持つと思うんですが、一切ありませんでした。プレーの描写については、バスケットボールの解説者目線から見ても、揚げ足をとることすらできないほどの完成度だったと思います。

NBAバスケ超分析 語りたくなる50の新常識

NBAバスケ超分析 語りたくなる50の新常識

専門家の視点で現代バスケを大解剖! 図やデータを豊富に用いた納得の解説で、新常識を1つ読み終えるごとにバスケの攻防がより奥深く見えてくる! NBAの現地取材のお話や、試合解説中のエピソードなど、こぼれ話も盛りだくさん。過去にテレビや漫画でバスケを観ていた人から、超バスケファンまで楽しんで読んでいただける1冊です

おすすめ記事