「牛丼店で680円のメニュー」を食べる人は出世できないのか。話題の投稿を一刀両断 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「牛丼店で680円のメニュー」を食べる人は出世できないのか。話題の投稿を一刀両断

ビジネス

 食事のとり方ひとつで仕事ができるかどうかが判断できるのかもしれない。2021年11月、「はてな匿名ダイアリー」にて「一生牛丼マン」という不思議なタイトルの投稿がされた。

牛皿定食

画像はイメージです(以下同じ)

 投稿者は、とある年収3億円のIT企業の社長K氏に取材。そこで「牛丼は約400円で食べられる」「700円あれば美味しい定食屋で食べられる」「自炊で700円あれば豪華な食事が作れる」という理由から、「牛丼屋で680円ぐらいのメニューを食べるような人は、だいたい出世できないんです」「うちの会社ではこういう奴のことを 『一生牛丼マン』と言って馬鹿にして、朝礼などでこの話をしています」と話したことが印象的だったと記している。

コメント欄には賛否両論が

 投稿者はモヤモヤ感を抱いたものの、K氏の会社の社員100人にアンケートを取ると「一生牛丼マンはイマイチな人が多い」と回答する人が多く、Kの考えは賛同を得ているようだ。

 また、K氏の持論に対して、コメント欄は「たった680円で贅沢気分を味わえるんだから、めっちゃコスパいいじゃん」と批判的な声もあれば、「確かにファミレスの1番高いメニューとか頼む奴バカっぽい」と納得する声も散見された。実際に一生牛丼マンは仕事ができないのか。

なぜ、一流の人のデスクはキレイなのか? 片づけが9割』(総合法令出版)の著者で業務効率化コンサルタントの清水申彦氏に話を聞いた。

むしろ一生牛丼マンは仕事ができる?

忙しい会社員

 まず清水氏は「牛丼屋にいつ訪れるかは不明ですが、ランチとして訪れることを想定して話します」という。続けて、「『牛丼屋で680円ぐらいのメニューを頼む人は出世しない』というK氏の意見には同意しかねます」と首をかしげる。

牛丼チェーン店で680円のメニューを注文しているからといって“仕事ができない”ということはないと思います。私の場合、ランチに出るのは週に2日ぐらいですが、できれば『あまり時間をかけたくない』というのが本音です。

 ですので、外に出る時に自分に課しているのが移動は2ブロック以内ということ。そうなると行く店は限られますが、都内だと5つぐらいの選択肢はあります。その中にも牛丼屋は入っています。その限られた選択肢なら、牛丼店に入り、680円の定食を頼むという選択肢もありだと思います」とキッパリ。

なぜ、一流の人のデスクはキレイなのか? 片づけが9割

なぜ、一流の人のデスクはキレイなのか? 片づけが9割

仕事がデキる人、速い人の共通点は、机がキレイなこと。仕事がデキる人がやっている机や仕事場、身の周りの片づけ術を100以上紹介

ハッシュタグ

おすすめ記事