「ヒゲNG」の会社だけど、中東で伸ばしてみたら好評。上司からは怒られて | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「ヒゲNG」の会社だけど、中東で伸ばしてみたら好評。上司からは怒られて

コラム

 今はオシャレのひとつとして20代の男子たちも生やしている人が多いヒゲ。しかし、企業の中には社外の人間と接する機会の多い営業担当者を中心にヒゲを禁止にしている会社も少なくありません。

シェーバー ひげ

画像はイメージです(以下同じ)

 もちろん、社則などに明記されていなかったとしても「営業マンはヒゲNG」という暗黙のルールが存在するといった話も聞きます。

3年間ドバイ支社で駐在員をしていた

 専門商社に勤める稲田剛典さん(仮名・30歳)は、25歳から約3年間、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ支社で駐在員として勤務。同国や近隣諸国での商談・折衝などを担当していたといいます。

「といっても経験の浅い若造でしたから、上司のサポート役と言えば聞こえはいいですが、要は雑用ですね(笑)。けど、途中から代わりに取引先との打ち合わせを私に任せてくれることもあり、すごく良い経験になりました」

 そんな彼は両親ともに日本人でしたが濃い系の顔立ちで、以前から外国人やハーフに間違われることもしばしば。それは赴任先の上司も感じていたようで、ある日、「ヒゲを生やしたら似合いそうだな」って言われたといいます。

上司の一言をきっかけにヒゲを生やすことに

中東

「ドバイをはじめ、大半がイスラム教徒のアラブ諸国の成人男性は、基本的にみんなヒゲを生やしています。実際、こちらがヒゲ面だと相手も親近感が湧くみたいで、そのために伸ばす駐在員も少ないんです

 私は毎日剃っていましたが、もともとヒゲはかなり濃いタイプ。それで相手の印象が少しでも良くなればと思い、上司の何気ない一言を試してみることにしたんです」

 すると、これが取引先のアラブ男子たちから大好評。ますます外国人っぽい雰囲気になり、「本当に日本人?」と尋ねられることが何度もあったそうです。

おすすめ記事