自民党勝利で株価がアップ、「キシダノミクス」注目6銘柄をプロに聞く | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

自民党勝利で株価がアップ、「キシダノミクス」注目6銘柄をプロに聞く

マネー

10月31日の衆院選は、自民党が単独で安定多数、という結果だった。これを好感して、11月1日の日経平均は754円の爆上がり。「新しい資本主義の実現」を旗印にする岸田文雄首相だが、コロナ収束による経済再開が期待されるなか、今後値上がりが期待されるキシダノミクス銘柄とは?(※以下、有識者のコメントは衆院選前)

岸田文雄総理大臣

岸田文雄総理大臣 ※首相官邸HPより

株式市場は、政治の安定を好む

 選挙前に新首相が誕生した当初、マーケットの反応は冷たかった。新政権が発足した10月4日をまたぎ、日経平均株価は8営業日連続で下落。ご祝儀ムードは見受けられなかった。最大の要因は首相就任直前に表明した金融所得税の引き上げだった。10日にテレビ番組で撤回を表明したが、先行きは不透明だ。

 ただ、経済アナリストの馬渕磨理子氏@marikomabuchi)は「岸田さんは『国民の声を聞く政権』を打ち出し、リアルに声を聞いてくれた。年末に向けて株価も上がるはず」と評価する。

 菅義偉前首相の総裁選不出馬表明から総裁選、新政権誕生という激流。次の総選挙で自民党は苦戦が予測されるものの、勝利はほぼ確実。馬渕氏は「株式市場は政治の安定を好む。自民党が勝利し、長期政権が続けば日本株は上がるでしょう」と見込む。

DXは成長の余地が残された業界

DX

※画像はイメージです

 株高への期待が高まるなか、馬渕氏が注目するのはDX(デジタルトランスフォーメーション)分野だ。国会での所信表明演説では「全ての人がデジタル化のメリットを享受できるようにする」とうたったが、立ち遅れは否めない。裏を返せば、成長の余地が残された業界でもある。馬渕氏の一押し銘柄は、大企業のDXをサポートする「ブレインパッド」。

「AI技術を用いて、デジタルマーケティングを手がけており、例えばSNS上の膨大な画像からコカ・コーラの商品ラベルの撮影場所を解析し、登山客に一定の需要があることを掘り起こしてビジネスにつなげるといった手法で成長を遂げています。他にも、助成金自動診断ツールの開発やコンサルを手がけるライトアップや、5G関連企業のアンリツといった銘柄もキシダノミクスの恩恵にあずかれそうです

おすすめ記事