嘘みたいな「200円のウインナー弁当」が爆売れ。ローソンストア100の部長に聞く、10年間の苦労 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

嘘みたいな「200円のウインナー弁当」が爆売れ。ローソンストア100の部長に聞く、10年間の苦労

ビジネス

 コロナ禍で自分のためにお金を使う人が増え、高級食パンや高級布団など「高級」がついた商品が売れるようになった。そんななか、200円(税別)という低価格で買える「ウインナー弁当」が予想外に好評だ。ウインナー弁当はローソンストア100の関東エリアで2021年6月30日に発売された、ご飯とウインナー5本だけの商品

ローソンストア100

全国に出店する「ローソンストア100」。こちらは立石六丁目店

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

「え? おかずがウインナーだけ?」と思うかもしれないが、これが話題となり2021年8月25日から、近畿地方を中心に全国展開にまでなったのだ。しかし、発売までに10年の歳月がかかったという、なんともドラマ性がありそうなお弁当。

 このウインナー弁当の発案者でもある、株式会社ローソンストア100・運営本部統括部長の林弘昭氏に話を聞いてみた。

ウインナーはメインのおかずになる

 2011年、関東運営部にいた林氏は、ウインナー弁当を商品化するアイデアを思いついたそうだ。それは「ウインナーはお弁当のメインにならない」というこれまでの考えを覆すものだった。しかし、企画を商品部に出しては却下され続けていたという。10年経ってからようやく商品化されたが、一体どんな背景があったのか?

「2015年に近畿運営部に転勤になった際、協力してくれた商品開発者がいました。近畿限定商品として発売寸前までこぎつけたのですが、私が関東に戻る辞令がでたため、発売も立ち消えてしまったんです。その時の協力的な商品部の商品開発者が2020年、関東に異動になり、また一緒にウインナー弁当にチャレンジをして、発売になりました」

ローソンストア100

ローソンストア100のウインナー弁当(筆者撮影)

 ウインナー弁当をリリースするためにどんなことをしたのだろう。

「私は店舗の運営をする運営部の人間なので、商品を発売するためには商品部の開発者を巻き込んで、サンプルを作ってもらったり、新商品のプレゼン会議に通してもらったりということが必要です。今回、協力してくれる同志に会えたので実現しました」

10年間プレゼンの繰り返し

ローソンストア100

株式会社ローソンストア100・運営本部統括部長の林弘昭氏(画像提供)

 また、林氏から、ローソンストア100で新商品の発売を決定する流れを教えてもらった。

「商品部の開発担当者がサンプルを作って商品部内で提案、プレゼンします。部内からOKがでると、次に運営部(店舗運営)や社長など幹部のいる場でのプレゼンとなり、試食なども経て発売が決定します」

 え? これを10年も繰り返してきた? 普通の人ならモチベーションが下がって途中で諦めてしまいそうだ。

自分のなかでウインナー弁当は『絶対売れる』という確信がありました。『売れるはずがない』というのは内側・売る側の論理で、お客様にぶつけてみないとわからないと思っていました。『諦めたらそこで終わり』そう思っていたんです」

おすすめ記事