超イイ人を演じてトラブル回避!自称「腹黒男子」のストレス発散法 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

超イイ人を演じてトラブル回避!自称「腹黒男子」のストレス発散法

コラム

 生きていると理不尽なこともたくさんありますが、そのたびに自分の意見を伝えようとすると、もめ事に発展してしまうことも少なくありません。

お会計

※画像はイメージです

 佐藤重明さん(仮名・28歳)も過去に、態度の悪い店員やパワハラ上司などと衝突し、その結果、損な人生を送るハメになった1人です。もう後悔したくないと考えた佐藤さんは、独自のストレス解消法を編み出しました。

同僚たちの裏切りと辞職

「ホントにいままで損をしてきたと思います。先輩のパワハラに困っていた同僚たちと、『どうにかしたいよな』と話していて先輩に意見を言おうというふうになったのに、いざ先輩が来たら僕だけが先輩に意見を言っていて、同僚たちは先輩をかばいはじめたんです。正直、えっ……?ってなりました

 先輩に楯突いたと思われてしまった佐藤さんは、気まずい毎日を送ることに。しかも、昨日までパワハラ先輩への不満を爆発させていた同僚たちは、佐藤さんと距離を取ってパワハラ先輩の機嫌を取る側に回ってしまったのだとか。

「いままで同僚に向かっていたパワハラ分も上乗せされてキツく当たられるようになり、気づいたら、どこにも居場所がなくなっていました。精神的に耐えられなくなって、結局は退社することになってしまったんです。同僚たちはいつの間にかパワハラ先輩と仲良くなっていたし、最悪な思い出です」

男性コンビニ店員にモヤモヤしていた

コンビニ

 佐藤さんの衝突話は他にもたくさんあり、とくに心に残っているのは男性コンビニ店員の話なのだとか。佐藤さんは、「いらっしゃいませ」も「ありがとうございます」も言わず、ときたま「チッ!」と舌打ちしたり、釣銭を投げてきたりする店員の態度にモヤモヤする日々を送っていたと言います

「仕事場に近かったこともあって毎日通ってたんですけど、ある日、態度の悪い店員がお釣りを投げてきた拍子に、お金を落としたんです。だからチャンスだと思って、『いつも、お金を投げて渡しているのがよくないと思う』と伝えました。そしたら、いつものふてぶてしい態度から急にオロオロしはじめて、大きな声で何度も何度も謝りはじめたんです」

 店内にお客さんがいないタイミングで、相手をなるべく傷つけないよう冷静な口調で伝えた佐藤さん。予想もしていなかった相手の態度に、一時は何が起きたのか理解すらできませんでした。けれど、驚いたのはそのあとです。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事