本当の友はどこにいるのか?大切にすべき友を見極める、4つの基準 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

本当の友はどこにいるのか?大切にすべき友を見極める、4つの基準

 友達とは何か。なぜ私たちは、友達を求めるのでしょう。そして、本当の友達とは、どんな友達のことをいうのでしょうか。その答えのルーツは、はるか昔、私たちの祖先がかつて、厳しい自然環境の中で暮らしていた頃にありました。

会話

※画像はイメージです(以下同じ)

そもそも友達ってなんだろう

 人類の祖先は永らく、厳しいアフリカのサバンナにて、狩猟採集生活を営んでいました。大型肉食獣が闊歩するサバンナにあって、脆弱な人類が、単独で行動することは、死を意味しました。

 そこで祖先たちは、仲間をつくって助け合い、互いに協力し合うことによって、より安心、安全な暮らしを求めるようになります。かくして私たち人類にとって、仲間は命綱であり、仲間から外れたり、外されたりすることに、強い恐怖や不安を感じるようになりました

 私たちの中に「孤独は嫌だ」「誰かと一緒にいたい」「恋人が欲しい」「友だちが欲しい」「みんなと仲良くしたい」と願う原点は、ここにあったのです。

人に振り回されない生き方

デート 会話

 しかしながら、現代社会で暮らす私たちは、祖先たちのように、かつての限定された、シンプルなコミュニティーの中だけで生きているわけはありません。家庭、学校、会社、スポーツや趣味の団体、地域や組織の役員など、多様で、複雑な人間関係を生きています

 とうぜん、好きな人、気心の知れた人ばかりではありません。苦手な人や嫌いな人とも関わらなければならなかったりして、その煩わしさに疲れて、ときに「独りになりたい」と、強く思うことがあります。

 人間関係に限らず、人生には、思うようにならないことが、たくさんあります。むしろ、思い通りにいくことよりも、思い通りにいかないことのほうが多いぐらいです。だからこそ仏教では、「友」を大切にするのです。なぜか。「友」こそが、自分を成長させてくれるからです。

 人生は苦の連続です。なかなか思い通りにいきません。だからといって、その現状に悲嘆し、愚痴を言い続けても何も変わりません。荒波を超えて、強かに生きるためには、自己を成長させていく必要があります。

おすすめ記事