横浜で起きた“奇妙なラクガキ”事件の顛末/漫画「左ききのエレン原作版」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

横浜で起きた“奇妙なラクガキ”事件の顛末/漫画「左ききのエレン原作版」

コラム

 趣味で描いた『フェイスブックポリス』がSNSで話題になったのをきっかけに、デビューした漫画家のかっぴーさん。以降、あらゆる男性の部屋をブッタ斬っていく『おしゃ家ソムリエ おしゃ子!』、広告代理店勤務時代の出来事をもとにした『左ききのエレン』など、さまざまな話題作を世に送り出しています。

エレン

かっぴー『左ききのエレン 原作版』(ナンバーナイン)

 前回のインタビュー記事では、かっぴーさんのデビューの経緯や創作の源泉はどこにあるのか?を聞いてみました。さらに、『左ききのエレン』の原作版の第1話をお届けしました。今回は、その第2話。

【あらすじ】
 大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー、朝倉光一。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だったが…初めての大型案件でとんでもない失態を犯してしまう。自分の未熟さに打ちひしがれている彼が向かった先は、高校時代の思い出の場所。そこには昔、「横浜のバスキア」がいたーー。

【バックナンバー】→『左ききのエレン 原作版』を第1話から読む。

「ゴッホむかつく」

エレン

エレン

エレン

エレン

エレン

横浜で起きた“奇妙なラクガキ”事件

エレン

エレン

エレン

エレン

エレン

12
原作版 左ききのエレン(全巻セット)

原作版 左ききのエレン(全巻セット)

漫画家かっぴーが手がける、初の長編ストーリーマンガ。全巻セット。描き下ろし「左ききのエレン 2018」も収録

ハッシュタグ

おすすめ記事