bizSPA!フレッシュ

「DV夫を殺して」“難役”に挑んだ、さとうほなみが”好きなこと”を続けていく理由

 バンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーであり、俳優としても連続テレビ小説『まんぷく』、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』などで印象的な演技を見せているさとうほなみさん(音楽活動名義はほな・いこか)。現在は、水原希子さんとW主演を務めるNetflix映画『彼女』が全世界独占公開中です。

彼女

さとうほなみ

 中村珍さんのコミック『羣青』を原作に、女ふたりの逃避行を描いた本作で、さとうさんは高校時代に自分に思いを寄せていた同級生・レイ(水原)に、自身のDV夫を殺すよう頼む女性・七恵を演じています。インタビューでは撮影の裏話をはじめ、バンドメンバーの意外な反応も聞きました。

もともと原作のファンだった

――チャレンジングな作品、役柄だったと思います。ちゃんと生々しかったり、激しさがあって、観る側としては良かったのですが、引き受けるにあたって躊躇はありませんでしたか?

さとうほなみ(以下、さとう):もともと原作のファンで、これが実写化されるならぜひ私も出演させていただきたいと、ずっと思っていたんです。なので、今回お話をいただいた時には、不安というより、参加させていただける楽しみが大きかったです。

 本読みやリハーサルの段階で、作品や役柄がどうということではなく、自分が俳優としてどこまでできるかという不安はありましたが、あくまでも自分自身の問題でした。

――名匠・廣木隆一監督による作品です。多くの役者さんが、廣木監督とのお仕事で、役者として一皮むけたと感想を漏らします。ご一緒していかがでしたか?

さとう:とても役者ファーストで考えてくださる監督さんです。指示を出すという形ではなく、リハーサルから、七恵とレイならどう動くかを考えさせてもらえました。本番になると全然違ったものが出てきたりしましたが、それもリハから気持ちを作っていけたからだと思います。

 今回、いろいろ取材を受けていくなかで、「廣木監督はとても厳しい方だと言われている」と初めて知って。全然そうは思っていませんでした。

常に私たちのことを考えてくれていた

彼女

(C)Netflix「彼女」

――そうなんですか。

さとう:常に役者のことを考えて進めてくださいます。役について考えさせられるというのはそうですが、考える時間もきちんとくれます。私が撮影の合間に、七恵として孤独な気持ちを感じているとき、周りの人たちと一緒にいるのもキツイ時があったんです。

 他人と話せるような状態じゃなかった。そのときも監督が察して、私を別の部屋に連れて行って1人にしてくれました。常に私たちのことを考えてくれているのを感じました。

おすすめ記事