朝比奈彩、Netflix初出演でアクションに挑戦「感覚が一変。難しかった」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

朝比奈彩、Netflix初出演でアクションに挑戦「感覚が一変。難しかった」

 人気モデルとして活躍しながら、2017年には女優デビューを果たし、活躍の場を広げている朝比奈彩さん(27)。現在、佐藤信介監督(『キングダム』『GANTZ』シリーズなど)のNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』に出演中です。

朝比奈彩

朝比奈彩さん

 山﨑賢人さんと土屋太鳳さんがW主演を務める本作は、さまざまな“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”を舞台にした、麻生羽呂氏の漫画(少年サンデーコミックス)が原作のサバイバルアクション。

 中盤から登場するクイナを演じた朝比奈さんは、激しい格闘技系のアクションを披露。アクションや共演者の感想、また、芝居を始めて2作目のドラマで経験した試練と、心に残る監督からの言葉などを聞きました。

格闘技系アクションに挑戦

――本当にすごいアクションでした。朝比奈さんはもともとスポーツをしていましたよね?

朝比奈彩(以下、朝比奈):スポーツはしていました。陸上を小学3年生から高校3年生くらいまでやっていたので、走ったり跳んだりするのは得意です。ただ今回は格闘技系ですからね。4年前くらいに、モデル仲間のなかで「キックボクシングブーム」があって、それに乗っかった形でずっとやっていますが。

 でも、やっぱりアクションとなると難しいです。運動が好きだからとか、キックボクシングをやっていたからというので、できるものではなくて、決まったところに蹴り込む必要がありますし、当たり所が悪いと相手の役者さんにケガをさせてしまう。

 自分の体にアクションをなじませるだけでも大変なのに、本番ではプロの方が相手ではなく、役者同士でやることになるので感覚が一変しますし、難しかったです。

人の良さが全面的に出ている山﨑賢人さん

今際の国

「今際の国のアリス」(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT

――主演の山﨑賢人さん、土屋太鳳さん、そして共演シーンの多かった村上虹郎さん、それぞれどんな印象でしたか?

朝比奈:山﨑さんは、実は私がデビューしてすぐのときに、情報番組の『PON!』でご一緒したことがあるんです。でも覚えてないだろうなと思って、「はじめましてじゃないんですけど、よろしくお願いします」と挨拶したら、「『PON!』でご一緒させていただきましたよね」と言っていただいて。『あぁ、こういうひと言が言えるのが、モテる人なんだな』と思いましたね。

――確かに! そのひと言だけで嬉しいですし、印象が全然違いますね。

朝比奈:本当に。人の良さが全面的に出ている方なんですが、すごく嬉しかったですね。太鳳ちゃんはドラマの『チア☆ダン』のときから、プライベートでも、今も仲良しなんです。ちょっと悩んだことがあったら、すぐに電話するくらいの仲で。だから、この作品でアクションの撮影をする日も「大丈夫かな」みたいな感じで電話しました。

おすすめ記事