bizSPA!フレッシュ

月収8万円…会社をやめて「1文字0.5円」専業ライターになった男の現実

キャリア

 お手軽な在宅バイトとして人気のWebライター。ネット上には求人を紹介するサイトがいくつもあり、実際に副業として働いている人も多くいます。ただし、本業とするにはかなり大変なようです。専業Webライターの棚瀬邦彦さん(仮名・26歳)は2017年に今の仕事を始めたそうですが、現在の平均月収は約8万円。ひとり暮らしをするほどの余裕はなく、今も実家住まいです。

PC 若者

画像はイメージです(以下同じ)

会社を辞めたのを機に専業Webライターに

「以前は普通に会社勤めをしていたんです。でも、私はもともと人付き合いが得意なほうではなく、上司との折り合いも悪くて……。それで会社をやめてしまったんです。次の仕事を早く見つけなきゃと思ったんですが、個人でWebライターなら、自宅でできますし、自分に向いてるかなって。逃げだと捉える人もいるかもしれませんが、それが僕にとってはベストの選択だと思ったんです」

 Webライターの求人は外注案件が数多く紹介されている大手クラウドソーシングサイトで簡単に見つかりました。ただし、原稿料はあまりに安く、応募するのを一瞬ためらったとか。

「報酬の低さは知っていましたが、求人を見るとやっぱり安いなって。未経験者歓迎の案件だと最初は1文字0.5円や0.6円からスタートって条件が多く、1時間に2000字書かないと時給1000円にならないってことですよね。さすがにそんなペースで書くのは難しそうですし、生活できるだけのお金を稼ぐのは相当大変だと覚悟しました」

時給に換算すると最低賃金より安い

時間とお金

 もともとブログを運営していたこともあり、文章を書くこと自体はそれほど苦にならなかったそうですが、決められたテーマと内容で記事を書くのとは勝手が違ったそう。案件によっては、ネット検索の上位に来るように指定されたワードを入れて文章を構成しなければならず、「想像していた以上に大変でした」と棚瀬さん。

「それでも自分の部屋での作業でしたし、会社で仕事をすることに比べれば気楽さはありました。けど、納品すればそれで終わりというわけではなく、修正を要求されることも多く、時給に換算すると、法律で決まっている最低賃金よりずっと低いです。原稿を書くのに必要な情報も自分で調べなきゃいけませんし、1日平均すると10時間前後は仕事をしています

12

おすすめ記事