bizSPA!フレッシュ

株主優待YouTuberが選ぶ、コロナに負けない外食銘柄3選

マネー

 47都道府県すべてで緊急事態宣言が解除され、街には久しぶりの外食を楽しむ人の姿も見られるようになりました。

居酒屋 お酒

※イメージです

 緊急事態宣言下では大きく売上を落とした外食企業各社ですが、個別に見ていくとコロナ禍をチャンスに変えたも銘柄も存在するといいます。

 今回はYouTubeで株主優待情報を発信しているアラサー会社員、わっけ@wakawakke)さんにオススメ外食銘柄を紹介してもらいました(以下、わっけ氏による寄稿)。

わっけ

届いた株主優待券で外食やテイクアウトを楽しんでいる、株主優待YouTuberのわっけ氏

1:コロナ禍も無風。ファストフードの王者

▼日本マクドナルドホールディングス(東1・2702)
【株価】5,730
【単元株数】100株
【最低購入金額】57万3000円
【権利確定月】6月末、12月末

 個人投資家から圧倒的な人気を誇る優待銘柄、言わずと知れたファストフードの王者です(※株価などのデータは6月2日時点、以下同)。

 同社は、外食カテゴリーの中では営業利益率9.9%(2019年12月期)と収益性が高いです。その背景には、FC(フランチャイズ)に加入している店舗に不動産を貸し出し安定した賃料収入があることや、売上に応じた収入を安定的に獲得できている点があげられます。

 また、テイクアウトやデリバリーの売上が6割以上を占めており、アフターコロナの世界でもニーズが高まる需要に対応しやすい環境です。

 ドライブスルーが混雑していたのは記憶に新しいのではないでしょうか。2020年4月の月次売上については、客数こそ前年比で18.9%減少するも、客単価が31.4%上昇し、単月の売上は6.5%増と絶好調です

マクドナルド

引用元:マクドナルド月次IRニュースより

 居酒屋系の優待銘柄など外食銘柄は軒並み苦戦を強いられておりますが、ファストフード系の銘柄はほぼ独り勝ちの状態です。株価もコロナショック前の水準に戻しており、力強さが伺えます。

選んだポイント:アフターコロナでもデリバリーやテイクアウト、ドライブスルーの売上を牽引し業績が好調に推移することが見込めるから。

おすすめ記事