年商10億円“フリーランスの王”「アフターコロナは想像を絶する時代が待ち受ける」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

年商10億円“フリーランスの王”「アフターコロナは想像を絶する時代が待ち受ける」

ビジネス

 まさかの事態となってしまった、2020年のゴールデンウイーク。新型コロナウイルスの影響で、この連休を自宅で過ごすという人も多い。

 しかし「どうせ外出できないから…」と言ってダラダラ過ごすか、「せっかくだし勉強でもするか」と自己鍛錬に励むかで、20代ビジネスマンは大きな差が出るのだ!

フリーランス PC

※イメージです(以下同じ)

“フリーランスの王”との異名を持ち、全国のスペシャリストを集めて年商10億円を叩き出す一方で、自身が運営する「年収チャンネル」では、YouTuberとしても活躍する「フリーランスの王」こと、StockSun株式会社の株本祐己代表取締役

 アフターコロナに備えて、フリーランス、大企業社員、ベンチャー企業社員の各人がどのような準備をGW中にすべきかを株本さんに聞きました(以下、株本さん寄稿)。

想像を絶する阿鼻叫喚の時代に

 アフターコロナといわれる時代、確実に大恐慌が到来します。

 私含めリーマンショックを経験していない平成生まれの人間は、今までぬるい環境で生きてきたわけですから、想像を絶する阿鼻叫喚の時代が待ち受けていることを覚悟しなければいけません。

 今回は、アフターコロナに備えて、フリーランス、大企業社員、ベンチャー企業社員の各人がどのような準備をGW中にすべきかをお伝えします。

 まずフリーランスです。フリーランスといっても業種により多様化しており、一括りにはしにくいですが、今回は編集部の要望なので、あえて一括りにしてして説明しますので、ご了承ください。

フリーランスは「商流を上げる」こと

株本

「年収チャンネル」に出演する株本さん(右)

 今回の新型コロナショックで、作業者系フリーランスは特に景気が厳しくなるので注意してください。ライターなどの代替性の高い職種の仕事は、各企業が社内でダブついたリソースで補完し始めるため、仕事が減ると思います。

 そのうえで、やるべきことは、「商流を上げる」ことです。

 末端作業員としていつ切られるかわからないリスクが高まったため、意思決定権者に近いポジションで仕事をできるようにならないといけません。商流を上げるとは、つまりは営業活動や、クライアントの業務巻き取りです

 また、オンラインサロンに入るなどしてEC(電子商取引)、WEBマーケティングの勉強をしてください。これから小売業はEC部門を強化し、サービス業はオンライン化を加速します。WEB上で完結する事業に各社移行していきます。

 そのフローに入り込めるスキルを持ち合わせていれば、仕事は増えるはずです。

おすすめ記事