bizSPA!フレッシュ

「iOS 11.4」がリリース。今すぐアップデートすべき3つの新機能

ガジェット

 Appleは現地時間5月29日の夜、「iOS 11.4」の提供を開始しました。

 最新の「iOS」には複数の新機能が搭載されており、主な変更点は3つ。

 音楽やポッドキャストを別のデバイスに同期してストリーミング再生する技術「AirPlay 2」に対応したほか、スマートスピーカー「HomePod」のステレオベア、クラウドストレージ「iCloud」にメッセージを保管する機能が追加されています。

最新「iOS」の新機能をおさらい

iphone

CC BY 1.0

・ワイヤレスオーディオ技術「AirPlay 2」に対応
 まずはAppleのワイヤレスオーディオ技術「AirPlay」の最新バージョン「AirPlay 2」に対応。

 これにより家にある複数のスピーカーを同期させて、同時に音楽を再生する(この機能を「マルチルームオーディオ」と呼びます)ことができるようになりました。

 また、対応スピーカーをiOS端末のコントロールセンターや、ロック画面、AirPlayコントロールから操作することも可能に。

 iPhone、iPad、Apple TVなどから、Appleの音声アシスタント「Siri」を使ってAirPlay 2対応スピーカーを音声操作もできます。

・スマートスピーカー「HomePod」ステレオペア対応
 そして、Apple社製のスマートスピーカー「HomePod」(日本未発売)のステレオペアがサポートされました。ステレオペアとは、自動的にHomePodが部屋の設置場所を検知し、場所に応じてサウンドを自動調整する機能。

 脆弱性の修正も含まれていますが、その詳細は後日公開される予定です。

 ちなみに、気になる「HomePod」の国内発売時期はまだ未定。現在、米国、イギリス、オーストラリアの3か国で販売されており、6月18日には、カナダ、フランス、ドイツで販売開始が予定されています。

 すでにデバイスのセットアップ画面は日本語対応済みなので、そう遠くない時期に発売が予想されています。楽しみに待ちましょう。

・「iCloud」のクラウド上にメッセージを保管
 そのほかにも、クラウドストレージ「iCloud」にメッセージを保管する機能が追加されています。

 これはメッセージをそれぞれの端末ではなく、クラウドで一元管理することにで、端末ごとのメッセージ同期やデータ移行が容易になるほか、添付ファイルをクラウドに保存することで、端末の空きストレージ容量を増やすことができます。

 プライバシー保護についても、メッセージはこれまで通りエンドツーエンドで暗号化されるため、他のユーザーから読み取られる心配もないようです。

Appleユーザーなら今すぐアップデートを

iOS11.4

iOS11.4

 今回のアップデートは、それ以外にもホーム画面でAppが正しくない位置に表示される問題など細かいバグを修正。iPhone 5sおよび、それ以降のiPhone、iPad Airおよびそれ以降のiPad、第6世代iPod touchに対応しています。

[設定]アプリの[一般]-[ソフトウェアアップデート]画面から無償でアップデートでき、今のところ大きな問題も発生していないようなので、今回もアップデートしておいてよいだろう。

<TEXT/bizSPA!取材班>

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

ハッシュタグ