bizSPA!フレッシュ

マクドナルド、初の「ごはんバーガー」発売。世界のマック“ご当地バーガー”4種

中国:パイナップルチキンバーガー

パイナップルチキンバーガー

 最後は中国です。この国にもお国柄が出ていて面白い商品があります。その名も「金凤来福鸡排堡」、福が来る金色のパイナップルチキンバーガーです!

 中国の人は、赤色が大好きですが、同様に金色も大好きで、食べ物以外の商品にもよくこの色が使用されています。パイナップルや揚げたチキンを黄金に見立て、ありがたい商品になっています。

 また中国は今やテクノロジー大国でもあります。世界でもいち早くメニューのデジタル化が進み、朝食時やランチ時の長い行列に並ばなくても、店頭の端末やスマホから簡単に注文ができるようになっています。

 中国大陸におけるマクドナルドの1号店でもある深圳(せん)のマクドナルドでは、子どもでも気軽に注文する姿が見られました。

中国のマクドナルド

深圳のマクドナルド(筆者撮影)

 このマクドナルドでは豆乳が販売されており、アツアツの豆乳が大きなカップになみなみと注がれ、これだけでお腹いっぱいになってしまいます。さすが中国、スケールが大きいですね!

=====

 今回ご紹介したのは世界各国のマクドナルドのメニューのほんの一部。他にもお粥があったりなど、まだまだその国ならではの面白いメニューがたくさんあります。海外旅行に行くと、その国のマクドナルドに行くことを楽しみにしている人もいるほどです。

 このたび発売された日本の「ごはんバーガー」も、海外で今回の記事のように紹介されるかもしれませんね!

<TEXT/澤村建造>

フードアナリスト。㈱TNCに所属。これまでに約50ヶ国訪れた経験を活かし、主に海外の
フードトレンドや伝統食などを中心に、マーケティングやリサーチを行い、その情報を元に
毎月さまざまなテーマで食に関するセミナー等を実施している。趣味は都内にある世界各国の料理店巡り

おすすめ記事