bizSPA!フレッシュ

調子に乗ってドンペリ注文。忘年会の会計に、上司が青ざめるまで

キャリア

いよいよ自分の番。掴んだ額は、まさか…

 そして、桜田さんの順番が回ってきます。

「正直、ここで欲張って、カネにがめつい印象を与えるのは嫌だったので、2000円くらいキャッチして席に戻ろうと思っていました。ただ、手を突っ込んだ瞬間、『それでいいのか?』とも思いだして。

 ……そこから先はあまり覚えていないのですが、気がついたら両手に10枚以上お札を掴んでいて、しかも社長がこっそり5枚入れていた1万円を2枚もゲットしていて、獲得したのは4万8000円。最高額です(笑)」

 桜田さん本人は「気づいたら手の中にお金が飛び込んできたんです」と語りますが、それまで得意顔だった40代男性上司は赤面。翌日、職場で顔を合わせても、どこか気まずくて話しかけられなくなってしまったそうです。

 今回のケースは、本人も意図しなかった結果ですが、若手のうちは会社の飲み会で大人しくし、先輩の顔をつぶさないほうが無難ですね。

特集・忘年会にまつわるエトセトラ

<取材・文/夏目かをる イラスト/パウロタスク(@paultaskart)>

コラムニスト、作家。2万人のワーキングウーマン取材をもとに恋愛&婚活&結婚をテーマに執筆。難病克服後に医療ライターとしても活動。『週刊朝日』『日刊ゲンダイ』「DANRO」「現代ビジネス」などで執筆。Twitterは@kaworummoonrive

おすすめ記事