bizSPA!フレッシュ

Jリーグで「12得点差」試合の衝撃。ラグビー、野球の最大点差は?

 2019年11月24日に行われたサッカーJ2のリーグ最終戦、柏レイソル対京都サンガの試合での試合結果が衝撃的なものとなった。その得点結果とは実に13対1

柏レイソル

※画像は公式サイトより

 目の覚めるようなゴールラッシュ、そしてその他競技でもみられる大量得点などは熱狂を呼び、時に戦慄さえも感じさせることとなる。その他のスポーツ競技、各カテゴリーでの「最大点差」はどのようなものがあったのか。

12得点差はJリーグ史上最多

 先ほどの試合で、柏レイソルは、前半6分の先制点を皮切りにハーフタイムまでに計4得点。後半はロスタイムに入って13点目を挙げるなど2019年のJ2リーグ覇者としての強さを強烈に見せつけた。

 とりわけFWマイケル・オルンガが8ゴールを叩き出し、攻撃の手を緩めずに最後まで相手ゴールを襲い続けた。この日の試合結果はJリーグの最多得点差として記録されることになった(個人記録もこの日のオルンガの8得点)。

 オルンガの活躍は、この日だけではなく、彼こそがレイソルをわずか1シーズンでJ1に復帰させた立役者の一人といって過言ではないだろう。オルンガはその日の夜、自身のSNSで「なんてシーズンの終わり方だ! 8ゴールもできるなんて、想像すらしていなかった! サポートに感謝したい」と述べている。

プロ野球、甲子園史に残る強打線が記録

野球

※画像はイメージです

 日本のプロ野球での2リーグ制以降の最大得点差の試合結果を見てみると、2003年の福岡ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)対オリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)の試合でのスコア29対1が記録されている

 この年、2度目のリーグ優勝、そして日本一に輝くことになるホークス打線には現・ロッテ監督の井口資仁やこの年のMVP城島健司、松中信彦らの「100打点カルテット」が並び、この試合のみならずシーズンを通して相手投手陣の脅威となり続けた。

 この年、リーグ最多の822得点を叩き出し、チーム打率.297と破壊的ともいえる数字を残しており、まさにこの年のホークス打線を象徴するかのような試合結果だった。

 また、高校野球、甲子園での全国大会での記録を挙げると、春の大会では戦前1937年の滝川中対浦和中の27対0という結果が残っている

 夏の大会での記録は1985年大会でのPL学園対東海大山形の試合での29対7という結果が記録となっている。PLは清原和博、桑田真澄の「KKコンビ」が3年で挑んだ最後の甲子園であり、全国制覇を成し遂げた大会でもあった。

12

おすすめ記事