bizSPA!フレッシュ

侍ジャパン「プレミア12」初優勝の功労者は?東京五輪で輝くのは…

 11月17日まで行われた世界野球プレミア12は、韓国に5-3と逆転勝利し、日本の初優勝で大会を幕を閉じた。

野球

※画像はイメージです

東京オリンピックの前哨戦で優勝

 東京オリンピックの前哨戦という意味合いも強かった今大会。終盤は異例ともいえる2日連続で日韓戦が行われたことも印象深かった。

 そんななか侍ジャパンの試合はどれも引き締まっており、特にスーパーラウンド(決勝トーナメント)の4試合はすべて2点差以内の結果に終わり、うち3試合はロースコアの内容だ。唯一敗戦を喫した米国戦も含め、いずれも投手陣、特にリリーフ陣の奮闘が素晴らしかった。

 韓国に悪夢の逆転負けを喫した2015年のプレミア12準決勝も含め、これまで国際大会では重要な場面での継投ミスで敗れることが多かった。

 しかし、今回は、最後尾に固定された山崎康晃(DeNA)をはじめ、決勝の韓国戦のリレーを担った山本由伸(オリックス)、甲斐野央(ソフトバンク)、田口麗斗(巨人)、中川皓太(巨人)が抜群の安定度でゲームを引き締めていた。

今大会の原動力となったリリーフ陣

 山崎、山本、甲斐野はチーム最多となる計5試合に登板。

 山崎は接戦となったスーパーラウンドの3試合(3イニング)ともパーフェクトに抑え、日本の守護神としての存在感を世界に知らしめた。決勝の9回表、山崎の名がドームに告げられると、お馴染みとなった「ヤスアキ」コールが響く。スタジアムの空気を高めるとともに、三者凡退の投球内容も、世界一への締め括りに最もふさわしいものとなった。

 シーズン中は先発を務めた山本は今大会、リリーフを任せられている。圧巻は全勝対決となったメキシコ戦では終盤の8回。3つのアウトを全て空振り三振で奪い、試合巧者であるメキシコに最後まで主導権を渡さなかった。

 ルーキーである甲斐野の存在感も見逃せない。今大会の初登板は初戦のベネズエラ戦の8回表。リードを奪われていたものの、テンポの良い投球でベネズエラの攻撃をシャットアウト。その裏、打線が大量6点を奪い、甲斐野は今大会の日本代表で最初の勝利投手となっている。

 間違いなく世界屈指と言える日本のリリーフ陣が日本の初優勝の原動力であり、それぞれの役割を明確に位置付けた稲葉篤紀監督の手腕も見事だった。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事