bizSPA!フレッシュ

ソフトバンク、156億円赤字。“孫さん頼み”のジレンマを感じる社員も

ビジネス

 ソフトバンクグループが11月6日、第2四半期決算を発表した。発表会内での孫正義代表の「真っ赤っかの大赤字」という発言も注目を浴びた。

ソフトバンク

※画像はソフトバンク公式サイトより

 決算資料によると、営業利益は約156億円の赤字。前年同期は1兆4207億円の黒字だったので、1兆4363億円の減収となっている。

孫氏の発言の真意は?

 冒頭の孫氏の発言は誇張でなく、現状の事実と見て差し支えないだろう。孫氏は「四半期の決算でこれだけの赤字を出したのは創業以来のことでないか」とも述べている。

 なぜソフトバンクグループは赤字に転落したのか。その理由のひとつとして米シェアオフィス「WeWork(ウィーワーク)」を運営しているウィーカンパニーへの投資の失敗があげられている。

 ソフトバンクでは、ウィーカンパニーに対してグループ全体で1兆円近くを投資。これまで幾多の投資を成功させてきた孫氏が新たに目をつけた期待の企業だが、創業者でありCEOを務めていたアダム・ニューマン氏が辞任するなど悪いニュースが続いている。

 同発表会において孫氏自身も投資判断での失敗を認めているとも取れるような発言もあった。なお、決算発表会を「真っ赤っかの大赤字」という発言からはじめた孫氏であるが、株主価値が1.4兆円増加していることなどもに触れ、今後も信念通りに投資を続けていくとしている。