bizSPA!フレッシュ

接客や営業経験がそのまま生かせる「地味な起業」という仕事

キャリア

「今いる会社で働き続けるか? 転職して他の会社に行くか?」「どんなキャリアが自分に合っているのか?」「このまま、会社にいるしかないのか」

会話

※画像はイメージです(以下、同じ)

 今、そんな悩みや焦りを感じている人たちに、特に「やりたいこと」や「まとまったお金」「明確なビジョン」がなくても、経済的に自立できる働き方「地味な起業」を提案するのが、『僕たちは、地味な起業で食っていく。』の著者・田中祐一さんです。

 ここでは、人脈、才能、ビジネスモデルを必要とする「派手な起業」ではなく、Excelでの数値管理や資料作成、イベント運営といった「地味な起業」で生計を立てている田中さんがその実践法について解説していきます(以下、田中氏の寄稿)。

「地味な起業」の実践法は3タイプ

 地味な起業には、人によってやり方が無限にあります。ここでは、普通の会社員をしている人なら誰でも普段やったことがあるようなネタから、一歩踏み込んだスキルが必要な方法まで幅広くご紹介したいと思います。

 実践法はわかりやすく「マネジメント系」「クリエイティブ系」「コミュニケーション系」の3つのタイプに分類しました。この中から1つだけのスキルでも、あなたはすぐに「地味な起業」にチャレンジできます。

「自分はどれが合っているんだろう……」。そう不安に思う人は、まずは「スタートアップ診断」をやってみてください。

診断

著書『僕たちは、地味な起業で食っていく。』より

 診断でおすすめされた実践法以外もチャレンジしても大丈夫。僕はすべての実践法を経験済みです。これしかやらない! と断定しないで、いろいろなものにチャレンジすることで、あなたの市場価値はどんどん上がっていきます。

 今回は、人と話すことが得意なタイプにおすすめの「コミュニケーション系」。接客や営業経験がそのまま生かせる仕事が多数。会場に足を運んで現場でのお手伝いをすることもあるので、仕事の依頼主ともより信頼関係を築きやすいという特徴もあります。

忙しい依頼主からのニーズ「電話対応」

電話応対する男性

 依頼主に代わって電話に対応します。

「秘書代行サービスを利用するほど予算もないけど、電話に対応しきれない」
「特定のイベントのときだけ、誰かに電話対応をお願いしたい」

 といったニーズから発生する仕事です。これは電話対応に限らないんですけど、細かい作業を請け負うことで、依頼主が本業に集中する環境を作ると、結構喜ばれますね。

 僕がよくやっていた例では、セミナーの参加者を募集したあと、開催直前になってリマインドをする、あるいは未入金の参加者に「入金をお願いします!」と連絡するなどがありました。とくに喜ばれたのが、緊急時の電話対応です。セミナーを開催すると、必ずといっていいくらい緊急案件が発生します。

「今、会場に向かっているのですが、道に迷ってしまったので、道を教えて頂けますか(迎えに来て頂けますか)?」
「急に参加できなくなりました。どうすればいいですか?」

 そういった電話に、いちいちセミナー講師本人が対応するわけにはいきません。個人で活動している人の場合、誰かが緊急時の対応をする必要があります。そこで、「僕が電話番号を作りますので、緊急時の対応は任せてください!」などといって請け負っていました。

 ただ、ピンポイントで「セミナー当日の電話対応をお願い」と依頼されるというより、後述するセミナー・イベント運営の仕事のなかで発生するケースがほとんどでした。

■ 電話対応

報酬の目安
顧客からの電話対応:時給1000円程度~
英語での電話・メール対応:1件1000円程度~
起業家の代表番号への電話対応:時給1000円程度~

まとめ
① イベント時などに発生しやすい
② 緊急時の電話対応は重宝される
③ 他の仕事と連動することが多い

僕たちは、地味な起業で食っていく。

僕たちは、地味な起業で食っていく。

転職、副業、独立… すべてが「リスク」になる時代の、最強の生存戦略!

ハッシュタグ