bizSPA!フレッシュ

台風19号が上陸…閉じ込められたら?千葉台風被災者に聞く

食品のストックは最低3日~1週間分

 農林水産省は「災害時に備えた食品ストックガイド」において、最低3日~1週間分(乳幼児や高齢の方など食事に配慮が必要な方は2週間)の食品を備えることを推奨している。

 また、政府広報オンラインはTwitter上で、風が強まる前に、下記の対策を呼び掛けている。

・雨戸やシャッター(ちゃんと閉まるか点検補修を)
・窓(ひび割れやがたつきがないか)
・雨戸やシャッターのない窓(割れたガラス飛散防止のためにカーテンを閉めたり窓に飛散防止フィルムを貼る)
・雨どい(枯れ葉や砂がつまっていないか)
・屋根瓦やトタン(めくれたり壊れたりしていないか)
・テレビアンテナ(錆びたりゆるんだりしてないか)
・物干し竿(飛ばされないよう下に下ろしておく)
・庭木(飛ばされたり、倒れないように固定する)
・植木鉢(強風で飛ばされそうなものは家の中へ)
・プロパンガス(固定されているか)

 とはいえ、いざ被害を受けると、停電などの不測の事態が起こりうるかもしれない。川田さんは最低限の準備にとどまらず「天災に対する心構えが大切」だという。大きな被害を防ぐためにも備えは万全にしておこう。

<TEXT/ヤナカリュウイチ>

1988年生まれ。「bizSPA!フレッシュ」編集部で、人生模索してます。お酒の誘いは断らないほうです。ツイッターは@ia_tqw

12

ハッシュタグ

おすすめ記事