bizSPA!フレッシュ

ヤクザに憧れ右翼団体に。更生して営業マンになった23歳男子の誓い

キャリア

少年院で気付かされた、自らの未熟さ

――少年院での生活はどのようなものだったんですか?

川崎:自分にとっては本当に人生を変える大きなきっかけになったと思います。自分の未熟さを知ることができました。

――どんなきっかけが?

川崎:多摩少年院では集会といって、毎日必ず集まって話をするんです。1人の少年が真ん中に座り、ほかの少年たちや職員が囲むようにして円を作って座る。そして真ん中の人がどうして非行をしたのか、どうすればいいのかみんなで話し合います。

 入ってしばらくして、僕も集会に参加したんですが、そこで自分の未熟さがよくわかりました。みんな自分のことを思って話してくれていたんですが、僕はそれにどう返せばいいのか、話せばいいのかわからず、暴れてしまったんです。

 そのときにふと、自分はいままで言葉を使ってうまく自分の思いを表現できていなかったことに気が付いたんです。それまでは嫌なことがあっても人と対話せず、すべて自分の思い通りにしようとしてきたことにも思い当たりました。

――少年院からクラージュへはどんな流れで?

川崎:それからは家族の助け、父親のように親身になってくれた職員さん、そして仲間の支えもあって、自分の犯したことにもしっかりと向き合い、更生に向けて歩みだすことができました。その中でお世話になった職員さんからクラージュを紹介してもらったんです。

「自分の罪を忘れないでいる」ということ

川崎さん

――そうして少年院を出た後は、リフォーム会社の営業マンとして働き始めた。今の生活は率直にどう思いますか?

川崎:売れないときには落ち込むこともありますが、営業の仕事は楽しいです。仲間もたくさんいて、一緒に飯を食いに行ったり、銭湯にいったり、充実していると思います。幸いにもお給料もそれなりにもらえているので、迷惑をかけた両親を旅行に連れて行ったりと、親孝行もできています。

――今、“普通”の生活をされて、改めて自分が犯した罪に対して思うところはあるのでしょうか?

川崎:難しいですよね。1つあるのは少年院で自分の犯した間違い、罪を改めて、そして更生してまっとうに働いて社会で暮らす。それを迷惑をかけた方たちに見せるということかと思います。

 ただ、被害にあった方からすれば、顔も見たくないかもしれないし、やったことを忘れて、のうのうと幸せに生きていると考えたら腹も立つでしょう。大事なのは、償いではないですけれども、僕自身が自分の行ったことを今後も忘れないでいることだと思うんです。そしてそれとずっと向き合っていくことしかないんじゃないですかね。

――今後の抱負を教えてください。

川崎:僕は家族が支えになりましたが、更生する上で、無条件に支えてくれる、受け入れてくれる人間がいること、場所があることはとても大事だと思うんです。何か今後の目標があるとすれば、仲間をもっと集めて“第二のクラージュ”みたいな居場所を作ってみたいと思っています。

<取材・文・撮影/小林たかし>

フリーランスのライター、主にweb媒体を中心に様々な分野で執筆を手掛ける。守備範囲は広いがとりわけ、変なもの、ことに関する興味が強い。最近の目標はヘビトンボを食べてみること。

12

おすすめ記事