bizSPA!フレッシュ

1人ぼっちの「ソロキャンプ」に元キャバ嬢が挑戦。これって最高の贅沢では…?

 グランピングや手ぶらバーベキューなど手軽に楽しめるアウトドアが増えているなか、1人で行うソロキャンプが人気だそうです。

ソロキャン

ソロキャンプ中の元キャバ嬢・カワノ。写真はセフルタイマーで撮影

 数年前から流行っている「おひとりさま」もついにここまで来たか……なんて思いつつ、1人で自然の中で食事して酒を飲むって実は最高の贅沢なのでは? というのが本音です。

 誰にも邪魔されず自分の好きなものを好きなだけ食べたい……そんな超自己中な思いを胸に私、元キャバ嬢ライターのカワノアユミが「ひとりデイキャンプ」に挑戦してきました!

コンパクトグリルを購入!

 まずもっとも大変だった「準備編」。ソロキャンプの場合、キャンプ中に荷物を放置して買い出しに行くことはできません。最初からすべて用意しなければいけないので、買い物は念入りに。

 今回は日帰りのデイキャンプなのでテントは不要。しかし絶対に必要なのはバーベキューコンロ、あとは炭。

 さっそくAmazonで1人用のバーベキューコンロを探してみると、意外とたくさんの種類があることが分かります。せっかく買うのなら折り畳み式でコンパクトになるものがイイな……と選んだのは、30×21×15cmのコンパクトグリル。

コンロ

「ウルトラコンパクトグリル UCG-3021」(武田コーポレーション)

 組み立ても簡単で、折りたためばA4サイズのノートPC程度の大きさになるので、車を持っていなくてもスーツケースに入れて持っていける優れものです。

コンロ

コンロを折りたたむとこんな感じに

100円ショップが大活躍

3

炭は「チャコールブリケット」を使用

 続いて炭ですが、これも黒炭や白炭など種類はさまざま。初心者には着火剤代わりにもなる「着火加工成型炭」が良さそうでしたが、何度も使うことを考えた結果、5キロ1500円のチャコールブリケットにすることに。

 こちらは大きさが一定で着火が簡単。女性でも扱いやすいのが特徴だとか。網は一度使うと掃除が大変なため、使い捨てできるものを100円ショップで購入。その他トング、軍手、着火剤、チャッカマン、レジャーシート、うちわ、紙皿類も100円ショップで、1人用の折りたたみ椅子はホームセンターで買いました。