bizSPA!フレッシュ

20代男子が抱える家族の悩み。不満がある相手ワースト1位は?

 忙しい日々の、つかの間の安息ともいえるお盆休み。ただ、「親戚たちと会うのが憂鬱……」という人も少なくないのでは?

喧嘩

※画像はイメージです(以下、同じ)

 若者が抱く家族・親族に抱く不満とは、どのようなものなのか。既婚者を含む20代男性100名を対象に「家族への不満」というテーマでアンケート(複数回答可)を試みました。

会う機会が少ない親戚は下位にとどまる

 まずは、7位から10位を見ていきます。

======
Q.あなたが不満を持っている家族・親戚は誰ですか?

10位:おば(1票)
8位:妻の父親(2票)
8位:妻の母親(2票)
7位:おじ(3票)
======

 顔を合わせる機会が比較的少ないであろう、おじさんやおばさん、また妻の両親は1~3票にとどまりました。

 おじ・おばと回答した人のなかには「滅多に顔を合わせないせいか、いつまでも子ども扱いしてきて鬱陶しい」(27歳・東京都)や、「両親とあまり仲がよくない」(23歳・神奈川県在住)といった声がありました。

 妻の父親と回答した人は、「義父と何を話せばいいかわからない」(25歳・神奈川県)というような共通の話題を見つけるなど合わせることに苦労していること。

 妻の母親だと「頼んでもいないのに家事を行う」(25歳・埼玉県)や「孫(自分たちの子ども)に甘い」(28歳・岡山県)などが理由のようです。

きょうだいが祖父母を大きく引き離す

兄弟

 続いて、上位3位から5位を見ていきます。

======
5位:祖父(5票)
5位:妻の父母以外の家族(5票)
4位:祖母(8票)
3位:きょうだい(16票)
======

 5位、4位に祖父母がランクイン。「小さい頃、よくおじいちゃんに叩かれたから」(26歳・東京都)のように厳しくしつけけられたことを根に持っているケースもあれば、「父方の祖父母が莫大な借金を父に被せたから」(20歳・北海道)のような金銭トラブルが理由というものも。

 なかには「歳のせいか会話がかみ合わない」(27歳・東京都)、「臭い」(27歳・埼玉県)もあり、おじいちゃん、おばあちゃんたちが少々気の毒にも思えてきます……。

 妻の父母以外の家族も同率で5位。「やんちゃな義弟(妻の弟)がワル仲間を家に連れてくる」(29歳・福岡県)、「遠縁であるにも関わらず借金の保証人にされていた」(25歳・大阪府在)と、血のつながりのない親族の暴挙に悩まされているケースも多そうです。

 4位の祖母(8票)と大きく票をつき離すかたちとなったのが、3位のきょうだい(16票)。

「ひと回り歳の離れた兄から度々暴力を受けていて、今でもその頃の恐怖心が抜けきれない」(22歳・東京都)、「今まで双子の兄とよく比べられてきたから」(27歳・千葉県)といったトラウマやコンプレックスとして抱え込んでしまうこともあれば、「姉夫婦が度々トラブルを起こす」と義兄が絡んでくることも。

「兄弟は他人の始まり」という言葉もありますが、特に成人以降は、きょうだいとの距離感は考えものかもしれません。

12

ハッシュタグ