bizSPA!フレッシュ

タピオカ半額、替え玉無料…投票すれば得する“選挙割”5選

 参院選が数日後に迫っている。昭和の終わり頃は70%を超えていた投票率も平成以降は50%を超える程度で推移しており(総務省統計)、政治離れが叫ばれて久しい。

投票

※画像はイメージです

 そんな中、今話題になっているのが飲食店をはじめとする複数の企業が、選挙に行けば割引がうけられる「選挙割」なるキャンペーンを次々に打ち出していることだ。

 投票率の特に低い20代も「選挙割」でお得な外食をしてみるのも一興かもしれない。

タピオカ専門店タピスタは全品半額

 今年4月に代官山に1号店をオープンさせ、かねてからのタピオカブームもあって、ほんの数か月のうちに全国に10店舗近くを次々とオープンさせている「Tapista」。

 こちらが打ち出した選挙割は「タピオカの一粒の重みと、あなたが持つ一票の重みは、どちらも未来を変える大切なものです」というコンセプトのもと「全品半額」。投票済証明書を持っていけば、500円前後するタピオカドリンクが250円ほどで手に入る。

 都内では渋谷、池袋、代官山、御茶ノ水、下高井戸、立川などに店舗展開している。流行に敏感だけれども、お金を持っていない大学生あたりにはウケそうな施策だ。

ラーメンの一風堂は「替玉or玉子無料」

一風堂公式サイト

※一風堂公式サイトより

 とんこつラーメンで国内ばかりか海外進出を果たす一風堂は「一票を大切にする人を、一風堂は大切にします」のスローガンを掲げ、投票済証明書を提示すると「替玉or玉子無料」のキャンペーンを実施。

 このキャンペーンの特徴は、7月31日までの期間中ならば何度でもサービスが受けられるというところにある。実は一風堂は、2016年の参院選から同キャンペーンを行なっていて、選挙割の草分け的存在だ。

 都内だけでなく、全国にも展開しているので、ラーメン好きは見逃せないだろう。

高崎タカシマヤのデパ地下が10%オフ

高崎タカシマヤ公式サイト

※高崎タカシマヤ公式サイトより

 群馬県は今回、参院選と県知事選のダブル選挙となり、他県に比べても選挙の重要度が高い。そうしたことから高崎タカシマヤは「デパ地下10%オフ」を敢行。投票済証明書を見せることで、特価品を除く惣菜類などが割引される。

 投票割のおかげで晩御飯のおかずを一品増やしたり、翌週7月27日に迫った土用の丑の日を先取りして「うなぎ」をお得に食べるのも良さそうだ。

12

おすすめ記事