bizSPA!フレッシュ

ヤフーを飛び出し、フリーランスに。「世界一即戦力な男」の働き方

ビジネス

 かつて「世界一即戦力な男」と呼ばれた男、菊池良(31歳)。ベンチャーのweb制作会社から日本有数のIT企業、ヤフーに転職した。

 その後、ヤフーを飛び出したあとは「在野の物書き」として、『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(宝島社、神田桂一との共著。以下、もしそば)がシリーズ累計17万部のヒットになるなど活躍している。

菊池良

ライターの菊池良さん

 フリーランスとして“好きを仕事に”する働き方を聞いた。

フリーになることに「葛藤はない」

――『もしそば』のヒット後も会社員を続けていた菊池さんが、突然会社を辞めたことにかなり驚きました。会社組織で成り上がることを目標にされていましたが、心境の変化があったのでしょうか。

菊池良(以下、菊池):会社組織での「出世」を目標にしていたので、びっくりされた方も多いと思います。高度経済成長期の「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の時代を取り戻したくて……エコノミックアニマルになりたかったんですね、『島耕作』に憧れていたから。

――辞める際に葛藤はありましたか?

菊池:なかったです。「芥川賞を全部読む」のウェブ連載が決まった時点で覚悟はしていました。Yahoo!というプラットフォームで、日本のネット文化が作り出したコンテンツをエンパワーさせたいと思って入社して、「Netflixにどう立ち向かうか」みたいな個人的な問題意識もありました。結局、できたこともできなかったこともあった数年だったなと。

「ネタりか」編集部にいたから、できたことは記事を作ることで、できなかったことはそれ以外(笑)。でも、単発のテレビ番組を作らせてもらえたりして、楽しかったですよ。連載の仕事が来ていなかったら、今も中間管理職を目指して働いていたと思います。

副業は「体を悪くする」

菊池良

副業が忙しいと、会社への「申し訳なさ」を感じる

――副業をすることの難しさってありました?

菊池:体を悪くしますね。副業が忙しくなると睡眠時間が削られますし、本業にも影響してきます。土日も心が落ち着かないんですよ。だから僕はあんまり推奨しないですね、やっぱりパワーが分散されて、効率が悪い感はいなめないです。あんまり眠れなかったから会社で(昼休みに)寝るか、みたいな。

 やっぱり副業が忙しいと、会社への「申し訳なさ」は感じますね。就業時間中に副業の電話がかかってきて、「どうしよう……」みたいで、出るに出られない。

 昔の内職みたいなかたちでの副業、家でのテープ起こしとかだったら良いとは思いますけど、そうじゃない場合って構造的にどんどん忙しくなってくるじゃないですか。だからいずれバランスは崩れるはずなんですね、だったらそれを本業に回したほうがいい。労働の基準が8時間くらいに定められている理由がよくわかりました。

岡本尚之は他にもこんな記事を書いています