桜田通&笠松将、お互いに「遠慮なくぶつかり合った」撮影現場 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

桜田通&笠松将、お互いに「遠慮なくぶつかり合った」撮影現場

「仕事のポリシーは自分で選択すること」(桜田)

ラ

――このお仕事をする上で、大切にしていること、譲れないことを教えてください。

桜田:自分で選択すること。そこは譲れないです。たとえばスタイリストさんに衣装を選んでもらうとか、僕よりもそのジャンルに長けている方だと分かっている場合、もちろん任せます。でもそれも任せるという選択を自分がしたい。完全に流されるというのはしたくないと、ここ10年くらいずっと思ってやっています。

笠松:僕は勝つことしか考えてないです。たとえば僕の場合はオーディションにも行きますが、それも勝ち負けだし。負けの理由はいらない。勝ちしかいらない。僕は勝った回数がその人だと思っているんです。ここにいる人たちだってみんな、勝ちを重ねてここにいる。ポケモンでも勝たないと経験値ももらえない。どれだけ経験値を貯めるか。つまりは勝つことしかないです。

桜田:僕の場合はそもそも勝負の場に乗っていないというか。自分との戦いだとは思うけれど。どちらかというと性質としては最初から諦めているタイプかな。自分より芝居が上手い人もかっこいい人もいくらでもいるし、そんな人がいると分かっていてこの世界にいるんだから、最初から勝てるわけない。

――最後に同世代の読者に向けて映画公開へのメッセージをお願いします。

笠松:この映画は、いつからだってスタートできる話ですが、僕自身、有名な人の子でもないし、なにか賞を取って出てきたとかでもない。そんな僕が役者を目指し、今回こうやって映画に出られるんだから、なんだってできると感じてもらえると思います。

桜田:思い立ったその日がスタートライン。20代っていろいろ模索する時期だと思います。選択の時期でもある。悩んでいたり、これから頑張らなきゃって人に観てほしいですし、勇気の出る作品として届くといいなと思っています。

ラ

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

』は新宿武蔵野館ほか全国順次公開中
© 2018映画『ラ』製作委員会

おすすめ記事