bizSPA!フレッシュ

この春、GUで買ってはいけない3選。社会人にはツラい…

2位:コーチジャケットSTUDIO SEVEN

コーチジャケット

コーチジャケットSTUDIO SEVEN ¥4,990+税

 続いて、要注意とされたのが、EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマー、NAOTO氏がクリエイティブディレクターを務めるブランド「STUDIO SEVEN」とのコラボレーションアイテム。

「実際、STUDIO SEVENの服自体は大人っぽいポップな雰囲気が素敵ですが、このコーチジャケットはじめ、コラボ商品で使われているロゴデザインは難易度高めですよね。中学生のころ通っていた当時のジーンズメイトを思い出しました。

 そういう意味ではコンセプトである“CHILDHOOD DREAMS(子供の頃の夢)”どおりなのですが、いざ着こなすとなると、イベントのスタッフジャンパーっぽく見えてしまう気がしました」

1位:ラウンドトゥシューズ【大型店限定】

ラウンドトゥシューズ

ラウンドトゥシューズ【大型店限定】¥2,990+税

「カジュアルで履く革靴という位置づけですが、やはり合皮の質感がもろに出ます。これはどのブランドでも変わりませんが、表革の靴で合皮は避けたいところです。スエードタッチで、毛羽立ちのタイプなら、GUでもアリだと思いますが。

 また、こういう靴をスーツに合わせると、スーツのエレガントな質感に靴が負けてしまうので、注意が必要です。カジュアルなアイテムにはカジュアルな靴が合います。カッチリしたアイテムを崩したいときは、デザインはカジュアルでも質感はエレガントでなものを選ぶとよいでしょう」

 もちろんおすすめのGUアイテムもある。しかし、こういった地雷も潜んでいるので、参考にしてほしい。

<取材・文/シルバー井荻>

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、メールマガジン「服のコンサルタント森井良行が伝える『好印象のレシピ』」随時更新中。著書『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』が10月18日発売予定

12